目次

McDSP FutzBox Lo-Fi Distortion

McDSP FutzBox ローファイ ディストーション プラグイン は、オーディオ信号のローファイ(Lo-Fi)バージョンを作成するディストーションとノイズのジェネレータです。

一般的なゲームでは、ラジオや電話、テレビ、その他のデバイス音を、多くの場合ディストーション(ひずみ)をかけられた状態で模倣する変更された、あるいは、‘futzed(いじくった)’ バージョンのダイアログやその他のトラックが必要とされます。このような音環境のシミュレーションが単一のソフトウェア製品で利用可能になりました。SIM (シンセティックインパルスモデル)と呼ばれるこれらのシミュレーションは、非常に最適化された形式で正確なモデリングを提供するため、従来のコンボリューションベースの製品と比べて、FutzBoxのDSPパワー使用量はより少なくなります。さらに、SIMはリアルタイムでスケーリング可能で、オンザフライで変更することができます。

SIMサウンドライブラリに加えて、FutzBox には、フィルタリングやEQ、ディストーション、ノイズジェネレータ、ハイパーアクティブゲートやダウンサンプリングおよびビットデプスリダクションなどの様々なローファイ(Lo-Fi)エフェクトが含まれています。オリジナルのオーディオとディストーションされたオーディオをリアルタイムでミックスし、場面変化やその他のオートメーション要求に対応することが可能です。

機能:

  • シンセティックインパルスモデル(SIM)ライブラリ

  • フィルタリング、EQ、ディストーション、ダウンサンプリング、ビットデプスリダクションなどのコンフィギュラブルな ‘futz’ エフェクト

  • ダッキング機能付きのフレキシブルなノイズジェネレータ

  • 信号ドロップアウトエフェクト用の超高感度ゲート

  • 超低レイテンシ

  • モノラルおよびステレオバージョン

[注釈] 注釈

McDSP エフェクトは全てのバージョンのWwiseで使用可能ですが、Wwise パワーパックバンドルの一部として購入された場合以外は別のライセンスが必要です。McDSP プラグインのライセンスご購入は、Audiokinetic 販売チームまでお問い合わせください: sales@audiokinetic.com.