目次

Wwise Meter

Wwise Meterプラグインエフェクトは信号を変えずに信号レベルを測定して、必要に応じて測定したレベルをGame Parameterとして出力します。出力値の作用や範囲は調整できます。特定のバスの測定レベルがRTPCを介して別のバスの音量を変化させるサイドチェインの実現に最も効果的です。

Wwise Meterのプロパティ

項目

内容

Inclusion

このオブジェクトが含まれるのかどうかを示す。選択すると、このオブジェクトが含まれる。選択しないと、含まれないことを示す。 デフォルトでは全プラットフォームに適用する。プラットフォーム別のカスタマイゼーションの指定や設定を行う場合は、 Linkインジケータ (チェックボックス左)を使う。

チェックなしの場合は、Property Editorのプロパティや動作を設定できない。

Default value: true

Name

エフェクトインスタンスの名前。

エフェクトインスタンスは、エフェクトのプロパティ設定をまとめたものである。カスタムインスタンスとShareSetの2つのタイプがある。カスタムインスタンスは1つのオブジェクトだけに使用できるのに対し、ShareSetは複数のオブジェクト間で共有できる。

Effect

エフェクトのタイプ。

Shared by (Used by)

選択されているShareSetに現在サブスクライブされているオブジェクトのリスト。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合は、このフィールドが"Used by"となる。

検索フィールドが開き、標準的な英数字の検索によってマッチしない項目がビューで非表示となる。詳しくは「表の使用」を参照。

検索フィールドを閉じて検索フィルタを解除するには、Searchアイコン左のCloseアイコンをクリックする。

[注釈] 注釈

「List View」「Query Editor」「MIDI Keymap Editor」「Referenceビュー」で、ノードが閉じて非表示となっている項目は検索対象とならない。

エフェクトのプロパティ設定をデフォルト値に戻す。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合のみこのオプションが使用可能。

Notes

エフェクトに関する追加情報。

Mode

メータリングモード。このプラグインをピーク値またはRMSのいずれかを追跡できるよう設定することができる。

  • Peak:メーターをPeak modeに設定すると、どちらかというと過渡信号(transient)に反応しやすくなる。
  • RMS:メーターをRMS modeに設定すると、ボイス関連の作業に向いていることが多い。

Default value: Peak

Scope

  • Global:該当するWwiseのオーディオエレメント(バス、コンテナ、Music Segmentなど)への全ての入力内容がメーターの測定対象となり、このエレメントの複数のゲームオブジェクトインスタンスを、まとめて1つのゲームオブジェクトとして処理する。
  • Game Object:Game Object:各ゲームオブジェクトインスタンスへの入力に適用するメーターを設定する。

Default value: Global

Dynamics

Attack

モニターレベルが現在の出力値を上回る場合に、出力値が10デシベル上昇するのにかかる時間。

単位: s

Default value: 0.0
Range: 0 to 10

Hold

モニターレベルが現在の出力値を下回った瞬間から出力値が低下開始するのにかかる時間。

単位: s

Default value: 0
Range: 0 to 10

Release

モニターレベルが現在の出力値を下回る場合に、出力値が10デシベル低下するのにかかる時間。

単位: s

Default value: 0.1
Range: 0 to 10

Output Game Parameter

設定されると、出力値は、特定のGame Object であるかグローバルであるかにかかわらず、再生インスタンスの Scope に基づいて、このGame Parameter に送信されます。

[ヒント] ヒント

選択されたGame Parameterの範囲に出力値の範囲が含まれていることを確認してください。Game Parameter値の設定に関する詳細は、「Property Editor: Game Parameter」をご覧ください。

Min

最小出力値。

Default value: -48
Range: -96.3 to 0

Max

最大出力値。

Default value: 0
Range: -96.3 to 12

Apply Downstream Volume

有効にすると、上のレベルで適用されたボリュームゲインがメーターに表示される。例えばMaster Audio Busのボリュームが10増え、その子Audio Busのボリュームが15減ると、その子の全ての子が継承するのは、合計ゲインの-5である。ゲインは常に耳に聞こえるが、このオプションを有効にしないと通常はメーター表示に反映されない。

Default value: false

(VU Meters)

オーディオ信号の出力レベルとGame Parameterの出力値を表示するメーターのペア。

VUメータを有効にするには、Wwise ツールバーのStart Captureボタンをクリックする。

VU メーターは、エフェクトがMaster-Mixer階層のバスに適用されている場合にのみ機能します。ShareSetの場合には、バスがエフェクトエディタの 'Shared by' リストに選択されている必要がある。