目次

Wwise Recorder

Wwise Recorderプラグインエフェクトを使うと、デザイナーはAMB、WAV、またはWEMのファイルとして録音できます。カスタム設定のある場合もバーチャルボイスなど無音となるものを除き、録音できます。Wwiseオーサリングツール内でも、ゲーム内でも、使えます。

Wwise Recorderを階層のどこに配置するかに注意してください。1つのアクターミキサーオブジェクト、またはインタラクティブミュージックオブジェクトに、適用できます。レコーダーをオーディオが通過し始めた瞬間に、オーディオファイルが保存されます。再生中は、オブジェクトが完全に再生を1回終えるまで(ループも含め)、このファイルに録音され続けます。また再生すると、その都度、Wwise Recorderがこのファイルを上書きします(オブジェクトの再生を開始した瞬間から)。バスにも適用でき、この場合はバスがアンロードされるまでファイルをアウトプットしないので、一般的に、より大きいAMB、WAV、またはWEMとなります。なお、その階層の親(例えばアクターミキサーや、親バス)にレコーダープラグインインスタンスが追加されると、そのファイルは、子オブジェクトまたは子バスでオーディオが開始されるたびに、上書きされます。

Wwise Recorderのプロパティ

項目

内容

Inclusion

このオブジェクトが含まれるのかどうかを示す。選択すると、このオブジェクトが含まれる。選択しないと、含まれないことを示す。 デフォルトでは全プラットフォームに適用する。プラットフォーム別のカスタマイゼーションの指定や設定を行う場合は、 Linkインジケータ (チェックボックス左)を使う。

チェックなしの場合は、Property Editorのプロパティや動作を設定できない。

Default value: true

Name

エフェクトインスタンスの名前。

エフェクトインスタンスは、エフェクトのプロパティ設定をまとめたものである。カスタムインスタンスとShareSetの2つのタイプがある。カスタムインスタンスは1つのオブジェクトだけに使用できるのに対し、ShareSetは複数のオブジェクト間で共有できる。

Effect

エフェクトのタイプ。

Shared by (Used by)

選択されているShareSetに現在サブスクライブされているオブジェクトのリスト。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合は、このフィールドが"Used by"となる。

検索フィールドが開き、標準的な英数字の検索によってマッチしない項目がビューで非表示となる。詳しくは「表の使用」を参照。

検索フィールドを閉じて検索フィルタを解除するには、Searchアイコン左のCloseアイコンをクリックする。

[注釈] 注釈

「List View」「Query Editor」「MIDI Keymap Editor」「Referenceビュー」で、ノードが閉じて非表示となっている項目は検索対象とならない。

エフェクトのプロパティ設定をデフォルト値に戻す。

エフェクトのカスタムインスタンスを編集している場合のみこのオプションが使用可能。

Notes

エフェクトに関する追加情報。

File Attributes

Format

ファイルフォーマットは、オーディオビットストリームを保存する業界標準のWAV(Waveform Audio File Format)、またはWwiseディスクリプションファイルのWEM。

Default value: WAV

Ambisonic Channel Ordering

アンビソニックチャンネルコンフィギュレーションの場合、この設定を使いFuMaのオーダー(これはWwiseにインポートできるファイルを生成)と、ACNオーダーを切り替えるのに使える。

Authoring Tool Output Path

Path

録音ファイルのフルパスまたは相対パス名(Documentsフォルダへのパス)と、そのファイル名。右のセレクタボタンを使ってファイルや保存場所を検索できる。

Status

指定ファイル名のフルパス。問題がなければ、黒字フォントで表示される。エラーがあれば、角括弧内に赤字フォントで表示される(空白のファイルパスを除く)。エラーの一例を以下に示す:

  • [Will not record in Authoring Tool]: ファイル名パスが空白である。

  • [Invalid Filename]: ファイル名パスが予約文字(<,>,:,",/,\,|,?,*)を含むか、システムの文字数制限を超過する。

  • [Directory Not Found] - directory path: 指定したファイル名パスのディレクトリが存在しない。

  • [Write Access Denied] - directory path: 指定したファイル名パスの書き込み権限がユーザーにない。

[注釈] 注釈

問題が表示されている場合は、Authoring Tool Recoding StatusがCannot Recordとなる。

Game Output Path

Path

SoundBankの場所に相対的なファイル名。

[警告] Macのパスにはフォワードスラッシュを使う必要があります。
Windowsではスラッシュとバックスラッシュのどちらもフォルダセパレータと解釈されるのに対して、Macではバックスラッシュがファイル名の一部と解釈されます。

Status

問題がなければ指定ファイル名のフルパスが$(Game base path)相対変数を使い黒字フォントで表示される。この変数はSoundBankの場所に対するものである。例えば、ランタイムにサウンドバンクが\Game\Audio\Soundbanks\Linuxにあり、パスが Recording.wavに設定されていれば、$(Game base path)\Recording.wav は、\Game\Audio\Soundbanks\Linux\Recording.wav.を表す。エラーがあれば、角括弧内に赤字フォントで表示される(空白のファイルパスを除く)。エラーの一例を以下に示す:

  • [Will not record in Game]: ファイル名パスが空白である。

  • [Path Must Be Relative]: パスが絶対パスであるため、許可されない。

  • [Invalid Filename]: ファイル名が無効な予約文字(Windowsでは<,>,:,",/,\,|,?,*、macOSでは :)を含む。

Stereo Downmix

2チャンネルを超えるインプットをステレオファイルにダウンミックスできる。以下の7.1コンフィギュレーションのボリュームスライダが有効になるので、インプットのチャンネル数に関わらず、ステレオダウンミックス用に各チャンネルのそれぞれの相対的な優先度を調整できる。

[注釈] 注釈

Ambisonicsチャンネルコンフィギュレーションでは、Stereoダウンミックスをしても何も変わらない。

Default value: true

Front

フロントスピーカーに適用する ゲイン

Default value: 0.0
Range: -96.3 to 0
Units: dB

Center

センタースピーカーに適用するゲイン。

Default value: -3.0
Range: -96.3 to 0
Units: dB

Surround

サラウンドスピーカーに適用するゲイン。

Default value: -3.0
Range: -96.3 to 0
Units: dB

Back

バックスピーカーに適用するゲイン。

Default value: -3.0
Range: -96.3 to 0
Units: dB

LFE

LFE(Low Frequency Effect)専用チャンネルに適用するゲイン。

Default value: -96.3
Range: -96.3 to 0
Units: dB

Recorder Input

Apply Downstream Volume

有効にすると、上のレベルで適用されたゲインがアウトプットファイルに適用される。例えばMaster Audio Busのボリュームが10増え、その子Audio Busのボリュームが15減ると、その子と、その子の全ての子が継承するのは、合計ゲインの-5である。ゲインは常に耳に聞こえるが、このオプションを有効にしないとリコーダーのオーディオファイルアウトプットに含まれない。

Default value: false

Import in Wwise...

「Audio File Importer」が開くので、録音したファイルをインポートできる。

[注釈] 以下の機能はWwiseのWindowsバージョンだけで提供されます。

Authoring Tool Recording Status

録音処理の現状として、以下のいずれかを示す:

  • Idle: 現在、録音していない。

  • Recording: 現在、再生中の該当オブジェクトを録音中である。

  • Cannot Record: Authoring Tool Output Pathの現在のStatusにエラーが表示されているため、録音していない。

PCM(WAVまたはAMB)ファイルのコンテンツの全ての該当チャンネルが、Peakモードで細かいタイムラインで表示される。