目次

Wwise Authoring API (WAAPI)を使用する

Wwise Authoring API は、Wwiseオーサリングアプリケーションと通信するために使用されます。APIで使用可能な関数を使用すると、クライアントは次のようないくつかのタスクを実行できます:

  • Wwise プロジェクトの操作、例えば:
    • オブジェクトとその情報の取得
    • オブジェクトに関する情報の設定
    • 新しいオブジェクトの作成
  • 一般的な操作、例えば:
    • オーディオファイルのインポート
    • サウンドバンク生成
    • オーディオファイルをコンバージョンする
    • Wwiseオブジェクトを再生
  • ユーザーインターフェイスのアクセスと制御、例えば:
    • オープニングビュー
    • 現在の選択にアクセスしてそれらを変更する
    • オブジェクトの検査
  • SoundEngineの使用方法、例えば:
    • Game オブジェクトを作成し、その位置を設定する
    • Posting Events
    • Game Parameter 値、Switch、Stateの設定

使用上の注意

Wwise Authoring APIは、次の項目に統合できます:

  • ゲームエンジン
  • ダイアログ管理パイプライン
  • サウンドデザイン、編集、ダイアログ録音、音楽制作のためのDAW<分節 0383>

Wwise Authoring API は、次の目的で使用できます:

  • オーディオファイルのインポートやWwiseオブジェクトの作成などのタスクの自動化
  • モバイルデバイス上でWwiseをリモートコントロール
  • カスタムWwiseインターフェイスを実装

プロトコル

Wwise Authoring APIは、2つの異なるプロトコルからアクセスできます。

  • WAMP:WAMPは、分散アプリケーションのアプリケーションコンポーネントを接続するためのものです。WAMPはデフォルトのトランスポートとしてWebSocketを使用しており、順序付けられた信頼できる双方向でのメッセージ指向の通信が可能です。 WAMPを使用すると、クライアントはJSON引数を使用して関数を呼び出し、構造化したJSON結果を取得できます。WAMPでは、クライアントが通知を購読することもできます。
  • HTTP POST:HTTPは分散アプリケーションのアプリケーションプロトコルです。HTTPは、インターネット上のコンテンツを転送するための最も一般的な方法です。 POSTを使用すると、発信者はドキュメント本文を送信でき、これは、Wwise Authoring APIの場合、JSONという関数の引数に対応しています。HTTPレスポンスはJSONの結果です。

これらの2つのプロトコルは、C++、C#、JavaScript、Python、HTTPやWebSocketをサポートする他の言語など、さまざまな言語で使用できます。

Note.gif
Note: WAMPは、オープンスタンダードのWebSocketサブプロトコルで、統一アプリケーションルーティングを提供します。WAMPのインプリメンテーションは、広く使われているプログラミング言語で利用できます。WAMPの詳細はhttps://wamp-proto.orgを参照してください。
Note.gif
Note: WAMPは、セッションを通して同じWebSocketコネクションを再利用し、二方向性コミュニケーションを提供するので、最も良いパフォーマンスとエクスペリエンスを提供します。

要約すると、プロトコルによってサポートされている機能は次のとおりです:

API Feature WAMP HTTP POST

リモートプロシージャコール

Wwise Authoringからファンクションを遠隔でコールできます

Wwise Authoring API Reference をご覧ください。

サポートされています サポートされています

パブリッシュ&サブスクライブ

Wwise Authoringで変更があった時のノティフィケーションを受信します。

サポートされています サポートされていいません
パフォーマンスを最適 最適化

特定のトピックの詳細をご参照ください:

Wwise Authoring APIレファレンスについては以下のトピックを参照してください: