目次

特定プラットフォーム向けにUnityゲームをビルドする

ターゲットプラットフォームのためにUnityゲームをビルドするのが、Unityの標準パイプラインやビルドスクリプトを使ってアプリケーションをビルドするのと同じくらいに、シンプルになりました。SoundBankの生成、コピー、削除に使うビルド前後のプロセス(pre-build steps、post-build steps)は、 Edit > Wwise Settings...で有効・無効にできます。

PrebuildSteps_WwiseSettings.png

Wwiseプラグインをデプロイする

Unityのビルドシステムによって、Wwiseプラグインが自動的にゲームにパッケージ化されます。デフォルトで、プラグインの Profile コンフィギュレーションが使われます。このコンフィギュレーションを使うとWwiseをゲームに接続してプロファイリングができるので、ゲーム開発には最も実用的なコンフィギュレーションです。ただし、ゲームをリリースする準備ができたら、 Assets > Wwise > Activate PluginsメニューでWwiseプラグインコンフィギュレーションをReleaseオプションに変更してください。

Note.gif
注記: Debug はサウンドエンジンの具体的な問題をデバグする場合にのみ使い、一般的にAudiokineticサポートのもとで行います。
参照:

StreamingAssetsフォルダ

Unityでは通常、以下の通り、Unityプロジェクトの Assets フォルダ内に StreamingAssets フォルダを作成します(このフォルダがUnityプロジェクトにない場合は、マニュアルで作成すること): <UNITY_PROJECT_ROOT>\Assets\StreamingAssets. Unityは、このフォルダのコンテンツを自動的に対象デバイスにデプロイします。詳細はUnityのStreamingAssets機能を参照してください。

デフォルトのSoundBankパスはAudio\GeneratedSoundBanksであり、 StreamingAssets フォルダの下にあります。Unity がこのパスの最後に現在のプラットフォーム用のフォルダを、WwiseプロジェクトのPlatform Managerで付けた名前に従い追加します。最終的なフルパスは、 <UNITY_PROJECT_ROOT>\Assets\StreamingAssets\Audio\GeneratedSoundBanks\<YourPlatform>となります。

Note.gif
注記: 必要に応じてAkInitializer::basePathをコールして、デフォルトのSoundBanksパスを変更できます。

Unity Editorで実行する時に、SoundBankのパスは常にWwiseのProject Settingsダイアログで設定したWwiseプロジェクトの、GeneratedSoundBankパスにポイントするように設定されます。これによって、WindowsやMacでサウンドをインテグレートする時に、バンクをデプロイする際の問題を回避できます。

1つのプラットフォームのプロジェクトでSoundBankをデプロイする

プラットフォームが1つだけのタイトルを作成する場合は、SoundBankファイルを物理的に StreamingAssets フォルダに移動する代わりに、WwiseプロジェクトのSoundBankアウトプットパスを StreamingAssetsフォルダ の下の希望するフォルダに設定すれば、希望する場所にSoundBankを直接生成できます。この方法を使う場合は、必ずサウンドバンクの生成やコピーに関連するビルド前のプロセス(pre-build steps)を、Wwise Settingsウィンドウの設定で無効にしてください。

マルチプラットフォームのプロジェクトでSoundBankをデプロイする

複数のプラットフォームでリリースされる作品では、ゲームをビルドする対象プラットフォームに限定してSoundBankやストリーミングサウンドをコピーするスクリプトを実行する必要があります。

さらに細かい管理が必要かどうかを判断した上で、ゲームデベロッパが最終的な実装を決定すべきです。

レファレンスプラットフォーム用に複数のカスタム化プラットフォームを扱う

もしWwiseプロジェクト内で同じレファレンスプラットフォームのバージョンを複数定義している場合(例えばiOSを対象とするiPadとiPhoneのプラットフォームの場合)は、追加のスクリプトが必要となります。詳細は UnityでWwiseのカスタムプラットフォームを使う を参照してください。

メタデータを除外する

WwiseはSoundBankメタデータファイル(例えばTXTやXMLなど)を生成します。他のパイプラインツールで使えるようなSoundBank情報が入っていますが、ゲームには不要です。最終的な StreamingAssets フォルダにコピーする必要はありません。

Wwise Unity Integrationに対してTue Jan 29 11:50:13 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3