目次

新機能2017.1

Wwise 2017.1と、そのUnity Integrationには、いくつかの重要な新機能があります。ここで、その一部を紹介します:

必須コンポーネント

[RequireComponent(typeof(AkGameObj))] が、AkEventに追加されました。

AkEnvironment と、 AkEnvironmentPortal は、必須コンポーネントとして Rigidbody を指定せず、 Rigidbody のメンバーは、もう修正されません。もし、 AkEnvironmentAkEnvironmentPortalno のゲームオブジェクトに Rigidbody が添付されていなければ、あるいは AkGameObj が"Environment aware"に設定されていて、ゲームオブジェクトに Rigidbody が添付されていなければ、Editorに次の警告が表示されます: AkGameObj-AkEnvironment interactions require a Rigidbody component on the object or the environment.(AkGameObj-AkEnvironmentのやり取りには、オブジェクトまたは環境のRigidbodyコンポーネントが必要)

上記警告の全てのインスタンスを削除するには、WwiseのSettingsウィンドウで、Show Warning for Missing RigidBodyオプションのチェックを外します。

WwiseSettings.png

Wwise Types

新しい"WwiseTypes"が追加され、Wwiseオブジェクトが表すEvent、ゲームパラメータ、Switches、Statesなどの微調整が可能になりました。新しいクラスはそれぞれのプロパティがあり、クリックするとWwiseピッカーが表示されるので、ゲームのオーディオシステムを素早くプロトタイプ化できるようになりました。

WwiseTypes.PNG

以下は簡単なユースケースの例です:

public class Footsteps : MonoBehaviour
{
    [Header("Wwise Types")]
    public AK.Wwise.Event FootStepEvent = null;
    public AK.Wwise.RTPC SpeedRTPC = null;
    public AK.Wwise.Switch UnderFootMaterialSwitch = null;
    public AK.Wwise.Bank FootStepBank = null;

    void InitializeSound() { FootStepBank.Load(); }
    void FinalizeSound() { FootStepBank.Unload(); }

    void PlayFootStepSound(float speed)
    {
        SpeedRTPC.SetValue(gameObject, speed);
        UnderFootMaterialSwitch.SetValue(gameObject);
        FootStepEvent.Post(gameObject);
    }
}

Unity Integrationの拡張

AkSoundEngine は、パーシャルクラスになりました。ユーザーがゲームオブジェクトの自動登録を拡張したり、この機能を完全に削除したりするための、フックが追加されました。これらの拡張は推奨されていますが、選択肢としてLauncherでインストールしないことも可能です

3Dバス

Wwiseに追加された3Dバス機能を補完する形で、以下の修正が行われました。リスナー数の制限がなくなり、また、全てのゲームオブジェクトに関して、作成当初に設定されていた様々なリスナーが分かるように、デフォルトリスナーという概念が追加されました。AkGameObj は、AkAudioListenerのリストを保持できるように修正されました。デフォルトで、 AkGameObj は音をデフォルトのリスナーに対して出し、 AkAudioListener はデフォルトのリスナーです。

AkAudioListener.PNG
AkGameObjWithListenerList.PNG
Wwise Unity Integrationに対してMon Jul 15 15:53:28 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3