目次

新機能2017.2

Wwise 2017.2と、そのUnity Integrationには、いくつかの重要な新機能があります。ここで、その一部を紹介します:

Edit Modeのサポート

Wwiseサウンドエンジンが、UnityのEditモード中に初期化されるようになりました。これで、Playモードに入らずにエディタからWwiseイベントをトリガーできるようになりました。これをデモできるように、AkEvent (そして AkAmbient) のインスペクタがアップデートされました。インスペクタに追加されたボタンで、エディタから直接イベントを再生したり停止したりできます。Play/Stopボタンで、個々のイベントを再生したり停止したりできます。AkEventsのあるオブジェクトを複数、選択中の場合は、Play MultipleボタンとStop Multipleボタンで、選択中の全てのイベントを再生したり停止したりできます。Stop Allボタンで、再生中の全てのイベントを停止できます。

EditMode_AkEventPlayButton.PNG

Editモードでバンクをロード・アンロードする

Editモード機能が正しく作動するためには、対応する AkBank コンポーネントのLoad On:プロパティをAwakeに、Unload On:プロパティをNeverに設定します。

WwiseGlobalゲームオブジェクトへの追加

WwiseGlobalゲームオブジェクトに、AkEditorEventPlayerコンポーネントが追加されました。このコンポーネントはエディタの機能のみで、Editモードで AkEvent コンポーネントに関連するWwiseEventsを再生するために使います。また、WwiseGlobalオブジェクトに、 Rigidbody、 AkGameObj、 AkAudioListener の各コンポーネントも追加されました。これらは、Editモードで AkEnvironment、 AkGameObj、 AkRoom の各コンポーネント間のやり取りに使います。Unityプロジェクトに対して実行される変更点 を参照してください。

Wwise Audio Inputプラグイン

Wwise Audio Inputソースプラグインが、C#スクリプト経由でアクセスできるようになりました。詳細は UnityでAudio Input Sourceプラグインを使う。 を参照。

MIDIイベント

WwiseにMIDIイベントを、C#スクリプト経由でポストできるようになりました。詳細は MIDIをWwiseに送る。 を参照。

Automatic SoundBank Management

SoundBankの自動管理機能が追加されました。詳細は 1つのプラットフォームのプロジェクトでSoundBankをデプロイするマルチプラットフォームのプロジェクトでSoundBankをデプロイする を参照。

Spatial Audioインテグレーション

UnityインテグレーションにスペーシャルオーディオAPIを追加しました。チュートリアルは、 トラブルシューティング を参照してください。

Wwise Unity Integrationに対してSat Aug 17 14:25:02 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3