目次

リリースノート - Wwise Unity Integration 2019.1.1.6977.1430

このリリースはWwise 2019.1.1 向けWwise SDKアップデートを提供します。

互換性:

  • Wwise SDK: 2019.1.1
  • Unity: Unity 5.6, 2017.4, 2018.1, 2018.2, 2018.3, 2018.4.0, 2019.1.0f2 (PersonalまたはPro).
    Note.gif
    注記: 需要な注意点: このインテグレーションはUnity4に対応していません。上記以外のUnityのバージョンとの互換性は、保証されません。
プラットフォーム: Wwise Unity Integration テストに使用:
Android
iOS
Linux
Mac
PS4
Switch
tvOS
UWP (ユニバーサル Windows プラットフォーム)
Windows
Xbox One
Unity 2019.1.0f2
Magic Leap (Lumin OS) Unity 2019.1.0f2と、ML SDK 0.19.0

解決済みの問題:

  • WG-40425 Timeline上のAkEventsが正確に更新されるように変更し、名前やタイミングの変更を反映させ、SoundBankが新しい情報で再生成されたときに、それを示すようにしました。
  • WG-41071 TimelineのAkEventのクリップが、総長さが分からない場合に適切な最小長さで作成されるようにしました。
  • WG-41383 AkEventPlayable オブジェクトが、それに関連するクリップの終わりで停止するのかどうかを指定できる機能を追加しました。
  • WG-41684 修正済み: Windows実行ファイルを、Macエディタでビルドできませんでした。
  • WG-41721 AkRoomPortal コンポーネントを変え、初期ステートを選択できるオプションを追加しました。
  • WG-42001 修正済み: AkExternalSourceInfo.szFile を設定するときにクラッシュしました。
  • WG-42612 (Switch) Sourceソリューションを、フォルダ位置の条件なしでビルドできるようにしました。
  • WG-42625 構造のアレイを受領できるように、APIを適切に公開しました。
  • WG-42841 AkAmbientの添付されたGameObjectを選択したときの、NullReferenceExceptionを修正しました。
  • WG-42870 Motion plug-in DLLを、Unityインテグレーションのパッケージに含めました。
Wwise Unity Integrationに対してThu May 9 21:19:00 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3