目次

リリースノート - Wwise Unity Integration 2013.1

このリリースはWwise 2013.1向けWwise SDKアップデート、Android関連の新機能、全般的なバグフィックスを含みます。

互換性:

  • Wwise SDK: 2012.2.x, 2013.1
  • Unity: 3.4.x, 3.5.x, 4.x

-- サポートするプラットフォーム:

  • Windows 8
    • デスクトップ
    • IntelデバイスやARMタブレットのWindows Store App
  • Windows (32bit)
  • Windows (64bit)
  • Mac OS X (10.6 以上)
  • iOS
  • Android
  • Xbox360
  • PS3

新機能:

  • Android: SoundBanksがAndroidアプリケーションパッケージ (apk) に保存できるようになり、LoadBank() APIを使ってトランスペアレントにアクセスできるようになりました。
  • Windows 64bitをサポートします。
  • Windows 8をサポートします。

解決済みの問題: WG-22948: PS3のリスナーインデックスアサインメントエラーによるポジショニングエラー。

  • WG-22938: Mac OSXでUnity Integrationがパスするポジショニングデータが無効である。
  • WG-22334: Unityに対して、Music userCue名が空ストリングであると誤って報告される。
  • WG-22329: Unity Integrationでグローバルスコープに対してPostEvent()ができない。
  • WG-22255: Unity Android: アプリをバックグランドに切り替えた後もサウンドが続く。
  • WG-22165: 3Dポジショニングが、iOSやAndroidで正しく機能しない。
  • WG-21933: AkCallbackManager.csが、floatのデシリアライズを正しく行わない。UserCue名が壊れている。
  • WG-21365: Unity iOS: iOSオーディオ中断イベントが発生して終わった後に、サウンドが聞こえない。
  • WG-22533: 一部のAPIバインディング機能で、例外処理があってはならない。

改善点:

  • 1つのUnityプロジェクトにWindowsとMacの配信を共存させることが可能。
  • 読みやすく正確な改善ドキュメンテーションや プラットフォーム別の情報 セクションの追加で、対象プラットフォームに関する情報を簡単に入手可能。
  • ビルドログでquietモードとverboseモードに対応し、読みやすさを向上。
  • ビルドパイプラインがユーザのPythonバージョンを確認して、古い場合は警告する。
  • デプロイメントスクリプトを直接使ってIntegrationをUnityプロジェクトにコピーできるようになった。

移行内容:

  • Integration for PS3をビルドするにはVisual Studio 2010が必要となりました。
  • ビルドスクリプトはPython 2.6以前のバージョンをサポートしない。Python 2.7.xまたは3.xが必要。
  • 自分でIntegrationをビルドするのに、環境変数UNITY_PROJECT_ROOTが不要となった。デフォルトで、IntegrationがUNITY_PROJECT_ROOTで指定したフォルダに自動的にデプロイされななくなった。詳細は インテグレーションコードをビルドする を参照。
  • AndroidビルドスクリプトがPostprocessBuildPlayerスクリプトをUnityプロジェクトにデプロイしなくなった。
  • IntegrationDemoプロジェクトをUnity4フォーマットに更新。
Wwise Unity Integrationに対してThu May 9 21:19:00 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3