目次

リリースノート - Wwise Unity Integration 2014.1

このリリースはWwise 2014.1向けWwise SDKアップデート、バグフィックス、新しいデモシーン、2013.2 Wwise Unity Integrationで作成したプロジェクトのマイグレーションプロセスを提供します。

-- 特記すべき内容:

  • 安定性のフィックス
  • デモシーンを追加しました
  • 2013.2 Wwise Unity Integrationで作成したプロジェクトのマイグレーションプロセスを追加しました。

互換性:

  • Wwise SDK: 2014.1
  • Unity: 4.x

-- サポートするプラットフォーム:

  • Android
  • iOS
  • Linux*
    • 32-bit
    • 64-bit
  • Mac OS X (10.6 以上)
  • PS3
  • PS4
  • PS Vita
  • Windows
    • 32-bit
    • 64-bit
  • Windows 8 (Metro)
    • デスクトップ
    • IntelデバイスやARMタブレットのWindows Store App
  • Windows Phone 8.0
  • Xbox360
  • Xbox One

新機能:

  • デモシーンを追加して、別パッケージとして提供しました。詳細は pg_wwisedemoscene を参照。
  • 2013.2 Wwise Unity Integrationで作成したプロジェクトのマイグレーションプロセスを追加しました。
  • Wwiseコンポーネンツは、Wwise Unity Integration内でUUIDで参照されるようになりました。これにより、Wwiseプロジェクトで名前を変更しても、Unityプロジェクトのリンクが維持されます。
  • イベントのポストやバンクのロード用に、カスタム化できる複数のトリガーを追加しました。詳細は Wwiseイベントのトリガーを追加する を参照。
  • Wwiseイベント用に、カスタム化できる複数のコールバックを追加しました。詳細は AkAmbientをInspectorで使うには を参照。
  • AkSoundEngineプラグインサイズを小さくしました。
  • WwiseGlobalオブジェクトや AkListener を作成(または破壊)するオプションを追加しました

解決済みの問題:

  • WG-25783: Callback Managerのメモリリークをフィックスしました
  • WG-25677: Macのパス問題をフィックスしました

既知の問題点:

  • WG-25669: Wwise PickerのAuto PopulateがMac Editorで機能しません。
  • WG-25733: Windowsエディタを使ったiOS/Macゲームのビルドや、その逆ができません。
Wwise Unity Integrationに対してThu May 9 21:19:00 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3