目次

リリースノート - Wwise Unity Integration 2016.1

このリリースはWwise 2016.1向けWwise SDKアップデートを提供します。

互換性:

  • Wwise SDK: 2016.1
  • Unity: Unity 5.3 (PersonalまたはPro)
    Note.gif
    注記: 重要な注意点: このインテグレーションはUnity 4でテストされていません
    プラットフォーム: Wwise Unity Integration テストに使用:
    Android
    iOS
    Linux
    Mac
    PS3
    PS4
    PS Vita
    Windows
    Windows Store
    Xbox One
    Unity 5.3.4p3
    Wii U Unity 5.2.4f1
    Xbox 360 Unity 5.0.1f1

解決済みの問題:

  • WG-25675 フィックス済み: Wwiseプロジェクトの全プラットフォーム用のSoundBankを生成するために、Wwise Pickerに"Generate SoundBanks"ボタンを追加しました。
  • WG-27583 Fixed: Unityアセット内にあるSoundBankフォルダが自動管理されるようになり、Unityの現在のターゲットプラットフォームの、正しいSoundBankが指定されます。
  • WG-28175 フィックス済み: 新シーン作成時に、WwiseGlobalが自動的に作成されないことがありました。
  • WG-26011 フィックス済み: 新Scene作成後にAk Audio Listnerを再び有効にしても、Default Unity Audio Listenerが正しく破壊されませんでした。

移行ノート

  • 今まで提供されていたSWIGソースが、ソースzipファイルに含まれません。提供されるzipソースにインテグレーションパッケージをビルドするための必要ファイルと事前生成されたSWIGインターフェースが含まれるため、SWIGは不要です。
  • Wwise 2014.1.4以前を使ったプロジェクトを、直接2016.1にアップグレードすることはできません。最初にプロジェクトを2015.1.6にアップグレードしてから、2016.1にアップグレードしてください。

既知の問題点:

  • WG-30021: Editorでシーンのプレビューを行うと、DecodeBanks機能が無効になります。
  • WG-30021: DecodeBanks機能は、デコードされたSoundBankを自動的に削除しません。SoundBankをアップデートした場合は、対象デバイスのDecodedBanksフォルダが削除されるべきです。
  • WG-30128: Vitaプラットフォームで、デコードしたSoundBankをディスクに保存できません。
  • WG-30139: WiiUプラットフォームで、デコードしたSoundBankをディスクに保存できません
Wwise Unity Integrationに対してSat Aug 17 14:25:02 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3