目次

リリースノート - Wwise Unity Integration 2018.1.5.6835.1288

このリリースはWwise 2018.1.5向けWwise SDKアップデートを提供します。

互換性:

  • Wwise SDK: 2018.1.5
  • Unity: Unity 5.6, 2017.4, 2018.1, 2018.2, 2018.3 (PersonalまたはPro).
    Note.gif
    注記: 需要な注意点: このインテグレーションはUnity4に対応していません。上記以外のUnityのバージョンとの互換性は、保証されません。
プラットフォーム: Wwise Unity Integration テストに使用:
Android
iOS
Linux
Mac
PS4
tvOS
UWP (ユニバーサル Windows プラットフォーム)
Windows
Xbox One
Unity 2018.3.0f2
Magic Leap (Lumin OS) Magic Leapテクニカルプレビュー用Unity (Unity-2018.1.0f2-MLTP6と、ML SDK 0.16.0)
Switch Nintendo Switch 2018.2.16f1用Unityと、NintendoSDK 6.4.0

解決済みの問題:

  • WG-36753 UnityインテグレーションのC++を生成するために、SDKのpremake5を使用することになりました。
  • WG-39264 修正済み: Wwiseコンポーネントを含むオブジェクトを元に戻した(undo)ときの、コンソールのスパム。
  • WG-39429 修正済み: UIで表示されるプラットフォーム別の詳細設定を見つけることができませんでした。
  • WG-39543 SoundBankを生成すると、Timeline上のSound Eventが新しい名前で表示されるようになりました。
  • WG-39990 Android ARM64のサポートを追加しました。
  • WG-40006 プラグインのコンフィギュレーション変更を確認するメッセージを追加しました。
  • WG-40565 修正済み: Wwise Unityの初期化設定で、Spatial AudioのDiffraction設定のデフォルト値が無効でした。デフォルト値を修正したので、今までのプロジェクトのデフォルト値は、この範囲内に収まるように検証されます。
  • WG-40674 修正済み: Unity 2017.3より前のバージョンの、コンパイルエラー。
  • WG-40992 UnityデータにあるWwise Project情報の複製が、適宜、保存されるようになりました。
Wwise Unity Integrationに対してSat Aug 17 14:25:02 2019に生成されました。  doxygen 1.6.3