Wwise 製品ライセンス

プロジェクトを登録するには?

Wwise Launcherにログインして、Projectsタブを開きます。あなたのWwiseプロジェクトの横のキーのアイコンをクリックして、‘Register your Project to obtain a License’を選択します。

または、audiokinetic.comでご自分のAudiokineticアカウントにログインして、アカウントのプロファイルメニューを開き、‘プロジェクトを登録する’をクリックします。

Audiokinetic カスタマーポータルの内容と、私のカスタマーポータルのアクセス方法は?

Audiokineticカスタマーポータルは、 当社ウェブサイト上においてWwiseご利用のお客様が、ご自分のプロジェクトを一覧できる一元的な機能を提供するものです。現在のWwiseプロジェクトに関連して利用可能な全てのライセンス(評価ライセンス、購入ライセンス)を確認できます。お客様は、サポートチケットを表示したり、新規サポートチケットをカスタマーポータルから作成し、当社サポートチームにコンタクトすることができます。こちらに登録いただいたチームメンバー情報にもとづき、適切なソフトウェアアップデートについてご案内させていただきます。

カスタマーポータルに、Wwise Launcherからアクセスできます。Wwise Launcherにログインして、アカウントプロファイルメニューからカスタマーポータルを選択してください。

audiokinetic.comが開き、あなたのAudiokineticアカウントが表示されます。プロジェクトを開くには、アカウントプロファイルメニューでMy Projectsをクリックして、開きたいプロジェクトを選択してください。

または、audiokinetic.comでご自分のAudiokineticアカウントにログインして、アカウントのプロファイルメニューを開き、‘My Projects’をクリックしてプロジェクトページに移ります。

プロジェクトにチームメンバーを追加するにはどうしたらよいですか?

各プロジェクト登録時にまず1名の管理者(チームリーダー)を登録指定していただく必要があります。チームリーダーは他のユーザーをプロジェクトへ追加することができます。全てのメンバーはシステム上にAudiokineticユーザーアカウントが必要です。お客様のプロジェクトに管理者が存在しない場合や、 新規メンバーの招待に問題がある場合にはWwiseデベロッパーリレーションズチームまでご連絡いただければ、カスタマーポータル上のお客様のプロジェクトのチームメンバーのリストの変更を弊社側で行います。

Wwise製品ラインセンスとはどのようなものですか?

Wwise製品ライセンスは、プロジェクト毎に付与され、各プロジェクトに対してライセンスキーが発行され、許諾された製品へのアクセスが可能になります。このライセンスキーはAudiokineticカスタマーポータル内のお客様のプロジェクトページから取得可能です。このライセンスキーをWwiseオーサリングシステム上のお客様のWwiseプロジェクトへ追加していただければ(有効期限、プラットフォーム、プラグイン等)ライセンスに変更が無い限り更新の必要はありません。

ライセンスキーをどこで取得して、Wwiseプロジェクトにどう適用するのですか?

あなたのWwiseプロジェクトにライセンスキーを適用するには、Wwise Launcherでご自分のアカウントにログインして、Projectsタブを開きます。該当するプロジェクトを選択してキーのアイコンをクリックすれば、ライセンスキーが適用されます。この場合、Wwise Launcherが自動的にライセンスキーを探して適用します。

または、ご自分のAudiokineticアカウントにログインして、カスタマーポータルのプロジェクトページを開いて、ライセンスキーを選択します。この場合、オフラインでもライセンスキーを適用できます。

Wwise ProjectメニューにあるLicense Managerビューで、Wwiseライセンスを管理できます。License Manager ビューでは、ライセンスキーをクリップボードから( Audiokineticカスタマーポータルからコピーしたライセンスキー)または標準テキストファイルに保存されたライセンスキーのコピーからインポート可能です。

評価試用について

Wwise無料試用版を使用することは可能ですか?

弊社ウェブサイトからWwise無料試用版がどなたにもダウンロードいただけます。このバージョンには制限がありますが、有効期限はありません。

無料試用版の制限とはどんなものですか?

無料試用版ライセンスでは、非商用目的に限りプロジェクトを作成することが出来、Wwiseサウンドバンクに含めることが出来るメディアアセットは200個までに制限されています。メディアアセット数をさらに増やす必要がある場合は、リクエストに応じて、無償かつ、メディアファイル数の制限の無い、非商用ライセンスをご提供しています。リクエストするには、あなたのプロジェクトをここで登録してください。ご注意:お客様のプロジェクトを商用展開し、200個のアセット数制限を超える場合には、Wwiseの商用ライセンスを購入する必要があります。

教育用Wwise ライセンスを提供していますか?

はい。学校関係の方はWwiseを教えるのページを見て、該当するオプションをクリックしてお問い合わせください。学生の方はAudiokinetic Creators Directoryにある学校のリストを見て、あなたの学校が登録されているかを確認してください。リストにない場合は、学校を登録するように先生にお勧めしてください。または、あなたのプロジェクトをここで登録して、Wwise非商用ライセンスを取得してください。

Wwise プラットフォームSDKをダウンロードするにはどうすればよいですか?

Wwise SDKは評価用に公開されており、Wwise Launcherから直接ダウンロードできます。非商用目的で200個以内のメディアアセットであれば、ほとんどのプラットフォームでログインや別途ライセンス取得の必要はありません。なお一部のプラットフォームSDKの場合は、認定デベロッパーとしてのステータス確認が必要になります。あなたのプロジェクトをここで登録して、アクセスが必要なプラットフォームを記入してください。手順をご案内いたします。

プラットフォームの詳細情報はここで確認できます。

Unity インテグレーションはどのようにすれば利用できますか?

Wwise Unityインテグレーションは公開されており、 Wwise Launcherから直接ダウンロードできます。非商用目的で、かつ200個以内のメディアファイル使用制限の範囲において、ログインや別途ライセンス取得の必要はありません。なお一部のプラットフォームでは、認定デベロッパーとしてのステータスが確認でき、弊社のシステムにアクティブプロジェクトがあることが条件となります。あなたのプロジェクトをここで登録して、あなたの具体的なプロジェクトに該当するフォームへ記入して、アクセスが必要なプラットフォームを記載してください。

プラットフォームの詳細情報はここで確認できます。

Unreal インテグレーションはどのようにすれば利用できますか?

Unrealインテグレーションは公開されており、Wwise Launcherから直接ダウンロードできます。非商用目的で、かつ200個以内のメディアファイル使用制限の範囲において、ログインや別途ライセンス取得の必要はありません。

https://github.com/audiokinetic/WwiseUE4IntegrationからUnreal Engine 4 Wwise Integrationソースコードを取得できます。注意:お持ちのUnrealアカウントをGitHubへリンクしますが、リンクが正しくリソルブされるには、GitHubへログインしている必要があります。

プラットフォームの詳細情報はここで確認できます。

Wwise プラグインの評価試用をしたいのですが?

Wwise無料試用版では、オーサリング環境、及びサウンドバンクで、全てのインテグレーション済みWwiseプラグインの使用が可能です。有償プラグインの試用には、最初にプロジェクトをここで登録する必要があります。承認されたプロジェクトを既にお持ちであれば、Wwiseデベロッパーリレーションズチームへご希望のプラグインの評価用ライセンスをリクエストしてください。

なお評価期間が終了すると、有償プラグインのライセンスを購入されるまで、そのプラグインはビルドしたサウンドバンクに組み込まれなくなります。

Wwise 製品ライセンスについて、質問がある場合はどちらに問い合わせをすればよいですか?

ご自分のカスタマーポータルにログインして、プロジェクトページを開き、下までスクロールしてお問い合わせボタンをクリックすれば、営業担当者に連絡できます。.

商用ライセンス

商用タイトルを制作中で、Wwiseの評価をしたいのですが

Wwise商用ライセンスを評価したい場合は、あなたのプロジェクトをここで登録してください。Wwiseデベロッパーリレーションズチームは、あなたのリクエストを受領し次第、承認処理を進めます。承認され次第、ライセンスキーのアクセス方法についてEメールで通知します。

Wwiseライセンスキーをプロジェクトに追加したのですが、問題があるようです。どうすればよいでしょうか?

ライセンスキーで問題がある場合には、まずカスタマーポータルのプロジェクトページを確認して下さい。ライセンスキーが更新されたけれども、Eメールで通知を受け取らなかった場合の対策として、必ず最新のキーを取得してWwise License Managerに追加してください(Wwiseで、Ctrl-L)。うまくいかず、問題がある場合には、Wwiseデベロッパーリレーションズチーム担当までこちらからお問い合せください。

Wwise プラグイン用の評価用ライセンスはどのようにすれば取得できますか?

多くのプロジェクトに提供される評価用ライセンスでは、全ての有償プラグインの期限内試用が可能になっています。期限が終了したり、特定のプラグインをお試しになりたい場合には、Wwiseデベロッパーリレーションズチームへ こちらからご依頼下さい。

Wwise 製品ライセンスを共有することはできますか?

いいえ。Wwiseプロジェクトライセンスは個別のもので、お客様のプロジェクト(ライセンシーのタイトル)に関連付けられています。 転用したり、共有することはできません。これを行うことは、Audiokinetic マスターライセンス契約条項違反となります。例外は、ライセンスが提供されているプロジェクトに携わっているメンバーへライセンスキーを提供することで、マスターライセンス契約の規約で許諾されています。より適切な対応としては、Wwiseプロジェクトリーダーは新規メンバーを対象のプロジェクトへ招待/追加し、プロジェクトに対して提供されているライセンスキーへのアクセス、及びプラットフォーム/インテグレーションのダウンロードが可能にします。

現行のライセンスタイトル用に追加プラットフォームまたはプラグインを購入した場合、新しいライセンスキーを入力する必要がありますか?

はい。既存のプロジェクトライセンスに変更が加えられるたびに、Audiokineticカスタマーポータルのプロジェクトアカウントページから新規のプロジェクトライセンスキーを取得し、 対象Wwise プロジェクトで現在使用されているライセンスキーと置き換える必要があります

別のプロジェクトのために現在のWwise 製品ライセンスを転用することができますか?

Wwise 製品ライセンスは、特定のライセンス対象ライセンシータイトルに関連付けられているため、新規タイトル作成のために使用することはできません。これを行うことは、Audiokinetic マスターライセンス契約条項違反となります。新規プロジェクト用に評価用ライセンスが必要な場合には、あなたのプロジェクトをここで登録してください。

Audiokinetic カスタマーポータルのパスワードを忘れてしまいました。どうすればよいでしょうか?

ログインページでパスワードを忘れましたをクリックし、画面の表示に従います。

現在のライセンスの期限切れが近づいた場合に、事前通知を受けることはできますか?

はい、Audiokinetic カスタマーポータルのプロジェクトアカウントページと Wwiseのサウンドバンク生成ログにそれぞれメッセージが表示されます。Audiokinetic からも、ライセンス更新ご案内のEメールが届きます。

Wwise ライセンスが期限切れになるとどうなりますか?

お使いのライセンスが終了すると、Wwiseは無料試用モードに戻り、Wwiseサウンドバンクへ追加可能なメディアアセットが200個に制限されます。また、有償プラグインも、Wwiseサウンドバンク内での使用ができなくなります。Wwiseデベロッパーリレーションズチームの担当者に直接お問い合わせいただくかWwiseデベロッパーリレーションズチームにこちらからお問い合わせください。

1つのプラットフォームに対して有効なWwiseライセンスを保有しています。新規に追加でWwise対応プラットフォームを評価試用するにはどうすればよいですか?

デベロッパーリレーションズチーム までお問い合わせいただければ、追加プラットフォーム試用を含む新規の製品ライセンスを生成いたします。Audiokinetic カスタマーポータルのプロジェクトアカウントページから取得し、現行Wwiseプロジェクトで使用されているライセンスキーと置き換えてください

プロジェクトに参加しているすべてのチームメンバーにWwise製品ライセンスが必要ですか?

いいえ、Wwise製品ライセンスはプロジェクト単位で付与され、Wwiseプロジェクトの一部として格納されています。ユーザー単位のライセンスではありません。Wwiseプロジェクトチームリーダーは新規メンバーをプロジェクトへ追加し、新規ユーザーがAudiokineticカスタマーポータルのプロジェクトページよりライセンスキーを取得出来るようにすることができます。

Wwise ロイヤリティベースライセンスオプション

Wwiseロイヤリティベースライセンスオプションとはどういうものですか?

Wwiseライセンス料の前払いではなく、ゲームデベロッパーに対するロイヤリティベースのライセンス料支払オプションです。

  • 標準Wwiseライセンスを前払い費用なしでご提供します。
  • 全ての展開プラットフォーム用ライセンスについて有効です。(プラットフォームによっては認定デベロッパーである確認が必要になる場合があります。)
  • メディアアセット制限なし
  • プロジェクト制作予算に依存しません(あらゆる制作チーム構成において有効です。)
  • ゲームリリース後の収益から1%グロスのロイヤリティ支払になります。

ライセンスの追加オプションで、Wwiseを様々なチーム構成や制作予算のプロジェクトでお使いいただけます。

ロイヤリティベースライセンスオプションの対象は?

本ライセンスモデルは、小売、デジタル配布、サブスクリプション、もしくはF2Pモデルのデスクトップ、コンソール及びモバイルゲームのデベロッパーを対象としています。その他の開発ターゲットとして自動車、広告、カジノ、映画製作、ロケーションベースエンタテイメント(ゲームセンター、博物館、遊園地など)、ロボット工学や組み込みテクノロジー、シミュレーション(テクニカル、科学的、軍事、トレーニング、建築、科学など)、または他のビジネスモデルについては、Wwiseデベロッパーリレーションズチームまでライセンスオプションについてお問い合わせください。

申込方法は?

全ては'貴社のプロジェクトを登録する'のページから始まります。注意:事前に当社WEBサイトでのアカウント登録が必要になります。まずは、用途目的に合ったプロジェクト種別を選択します。商用展開を予定し、200個を超えるメディアアセットファイルを使用する場合には、プロジェクト作成フォームはライセンスの段階で、ロイヤリティベースのオプションが選択できるようになっています。

標準ライセンスに移行することは可能ですか?

はい、絶対に(プロジェクト作成フォームで記入された)プリプロダクション/プロトタイプ期間の終了時までは、標準Wwiseライセンスを購入する選択肢が提供されています。その後の正式なプロダクション/本制作期間においては、ロイヤリティオプションからの移行については当社の判断によります。移行費用が発生する場合もあります。

重要な期日についてはどのようなものがありますか?

重要な期日は3種類あります。

  1. あなたがプロジェクトリクエストを作成した日(及び、それが承認された日)この日が評価期間の始まりとなり、最初にロイヤリティオプションを選択できる時になります。
  2. 本制作開始日上記の通り、この日までペナルティ無しに、ロイヤリティオプションから標準ライセンス購入への移行が可能です。最初にご提供したライセンスキーはこの日まで有効で、この日が近くなりましたらWwiseデベロッパーリレーションズチームが今後の進め方について問い合わせをさせて頂きます。
  3. リリース予定日この日から売上の集計が始まります。最初の売上報告はこのリリース日から3ヶ月後が期限になります。
売上に何を計上すればいいですか?

基本的に、ゲームに関する収益全てになります。

売上報告に必要な情報:

  • ゲームのデジタル、及び小売り販売での売上(全てのオンラインストア、及び全テリトリー)
  • ヴァーチャルアイテム課金/通貨の売上
  • ゲーム内広告、バナー、アフィリエートプログラムなどの収入
  • サブスクリプションや、ダウンロード可能なコンテンツ販売による収入
  • パブリッシャーからの(将来の得るべき売上からの)アドバンス、前払い金
  • Kickstartersやその他クラウドファンディング(詳細については下記を参照)

売上報告に含まれない情報

  • 非インタラクティブのリニアメディア(ストリーム再生されるビデオ、アニメ、映画など)
  • 関連製品/マーチャンダイズ(ぬいぐるみ、帽子、シャツ、マグカップなど、販促品)
  • その他、あなたのIPが使用されている非インタラクティブメディア(漫画、書籍、サウンドトラックなど)
  • 受賞時の賞金、副賞などこれらはそのままお受け取り下さい。
  • 将来得るべき売上の一部とにみなされない、業務受託費用、コンサルティング費用など
Kickstartersや、クラウドファンリング、また早期アクセスなどはどう扱われますか?

これらから得られた収益は、計上してもらう必要がありますが、最初の四半期売上明細の期限(ゲームのリリース日より3ヶ月後)まで支払の義務は発生しません。注意:クラウドファンディングの期間が完了後に、Wwiseを使用開始した場合には、クラウドファンディングからの収益はロイヤリティ支払の計算には含まれません。クラウドファンディングや、リリース前の収益が、Wwiseプロジェクト作成日の後に発生した場合、これらを最初の売上明細に含めてください。

売上があまり発生しない場合には?

ロイヤリティ支払は、あなたのゲームからの総売上がUSD $10,000相当額を超えた時に、支払義務が発生します。一四半期内において、総売上がUSD $10,000未満の場合でも、それを示すロイヤリティレポートを提出して頂く必要があります。しかしながら、この金額は、次の四半期へ繰り越され、総売上がUSD $10,000に達した時点で、それまでの合計額に対するロイヤリティ支払を行なって頂きます。

売上報告の義務の期間は?

対象のゲームが商用展開されている限り、四半期毎のレポートの提出が必要になります。対象のゲームが商用展開を終了した際には、その旨を当社まで通知下さい。その時点で、その後のロイヤリティに関する義務が終了します。

テクニカルサポートについてはどのような扱いになりますか?

ロイヤリティオプションを選択したタイトル/プロジェクトでは、コミュニティ Q&A ページで技術的な質問をすることができます。WEBサイトのこのページは、コミュニティにより運営されており、Wwiseユーザー間の有用なQ&Aのやりとりが保持されています。もしくはあなたのプロジェクトの制作予算にあわせて、専用のサポートを購入すること で当社エンジニアへ直接問い合わせをするこができます。詳細はここで確認できます。

プラグイン製品についてはどういう扱いになりますか?

ロイヤリティオプションを選択したタイトルでは、無償、及び有償プラグインをWwiseオーサリングツール環境で使用することが出来、プリプロダクション期間であれば、Wwiseサウンドバンクへの組み込み試用も可能です。プリプロダクション期間が終了した時点で、あなたのタイトルの制作予算に対応するレベルで、有償プラグインについては別途、ライセンスを購入して頂く必要があります。詳細はここで確認できます。

Wwise 限定商用ライセンス

Wwise 限定商用ライセンスとはどのようなものですか?

Wwise限定商用ライセンスは現在AudiokineticとMaster License Agreementを未締結の、インディー開発スタジオによる小予算、小規模ゲームを対象に提供しています。本ライセンスを使用して作成されたWwiseプロジェクトにはサウンドバンクに含めることの出来るサウンドアセットファイルが500個までに制限されており、サードパーティから提供されるWwiseプラグインを使用することが出来ません。限定商用ライセンスは、ビデオゲーム開発用途にのみ提供可能です。その他の用途については、お問い合せ下さい。

Wwise 限定商用ライセンスはどのプラットフォームに対応していますか?

The Wwise 限定商用ライセンスは以下の一般に公開されているプラットフォームでご使用いただけます。

  • Android
  • iOS
  • tvOS
  • Linux (Beta)
  • Mac® OS X
  • Windows
  • Universal Windows Platform
上記以外のプラットフォームへの展開を希望する場合はどうしたらいいですか?

上記以外のWwiseが対応しているプラットフォームには、Wwise商用ライセンスを取得するために少なくとも PRO (レベル A)ライセンスを購入する必要があります。セールス担当までお問い合わせいただくか、あなたのプロジェクトをここで登録してください。

Wwise限定商用ライセンスはどのように取得したらいいですか?

まず、有効なAudiokineticユーザーアカウントが必要になります。もし、まだアカウントをお持ちで無ければ、こちらから作成することが出来ます。有効なアカウントでログイン後、'貴社のプロジェクトを登録する'のページを開き、目的に応じたプロジェクト種別を選択します。フォームの項目を全て記入し、Wwiseデベロッパーリレーションズチームへ承認リクエストをします。承認され次第、メール通知が届き、Audiokineticカスタマーポータルのプロジェクトページからライセンスキーを取得することができます。

Wwise限定商用ライセンス申請後は次にどうしたらいいですか?

フォームの項目を全て記入すると、Audiokineticカスタマーポータルにプロジェクトが作成されたことが確認できます。しかしながら、Audiokineticデベロッパーリレーションズチームによりプロジェクトが承認されるまで、ライセンスキーの取得は出来ません。承認され次第、ライセンスキーが表示されます。このライセンスキーをコピーし、Wwiseプロジェクトライセンスマネージャ (Wwise project License Manager)にペーストします。

Wwise限定商用ライセンスの有効期限が終了したらどうしたらいいですか?

Wwise限定商用ライセンスはお客様のAudiokineticカスタマーポータルのアカウントページで更新が可能です。お使いの限定商用ライセンスの有効期限が残り30日以内になりますと、限定商用ライセンスの更新用のボタンが表示されるようになります。

使用するサウンドアセットが500個を超えてしまう場合にはどうしたらいいですか?

サウンドバンクに格納するサウンドファイル数が500個を超える場合、有効なWwise商用ライセンスを別途取得していただく必要があります。つきましては、Wwiseデベロッパーリレーションズチームに連絡してフル評価版へのアップグレードをリクエストするか、あなたのプロジェクトをここで登録してください。

アカデミック/非商用ライセンス

教育目的のWwise ライセンスを提供していますか?

はい。学校関係の方はWwiseを教えるのページを見て、 学生が無制限のメディアアセットや全てのプラグインにアクセスしてWwiseの全機能を利用できる、アカデミックライセンスの取得に関してお問い合わせください。

学生の方はCreators Directoryを見て、あなたの学校が登録されているかを確認してください。あなたの学校がライセンスまたは認定を取得済みであれば、あなたはアカデミックライセンスにアクセスできます。

あなたの学校がCreators Directoryにない場合は、登録するように先生にお勧めしてください。

メディアアセットが200個以上必要でない場合、ライセンス無しでWwiseを使い続けることができます。

私の学術的プロジェクトで200個を超えるメディアアセットが必要な場合には、どうすればよいですか?

学校関係の方はWwiseを教えるのページを見て、学校関係の方はWwiseを教えるのページを見て、 学生が無制限のメディアアセットや全てのプラグインにアクセスしてWwiseの全機能を利用できる、アカデミックライセンスの取得に関してお問い合わせください。

200個を超えるメディアアセットが必要で、あなたの学校が登録されていない場合は、あなたのプロジェクトを登録することでWwise非商用ライセンスを取得できます。プロジェクトが承認され次第、ライセンスキーをAudiokineticカスタマーポータル内のあなたのプロジェクトページから取得できるので、200個のメディアアセット制限を超えることができます。

アカデミック/非商用プロジェクトを商用プロジェクトとしてリリースすることに決定した場合は、どうすればよいですか?

あとからプロジェクトの商用展開を決めた場合は、新しいライセンスが必要となります。メディアファイルが500個未満の場合は限定商用ライセンスを利用でき、それ以外の場合はWwise商用ライセンスを取得していただく必要があります。詳細についてWwiseデベロッパーリレーションズチームにお問い合わせいただくか、新しいプロジェクトをここで登録してください。