Audiokinetic プレミアプラグイン

Audiokineticはインタラクティブサウンド特有のデザインニーズに応える複数のプレミアプラグインを開発して、Wwiseエクスペリエンスを進化させました。

Wwise Convolutionを使うと、小さな部屋のリバーブから巨大な聖堂に至るまでの様々な音響空間を、実際のアコースティック空間サンプルをベースに、リアルに再現できます。AudiokineticやAudioEaseがインパルスレスポンスを提供しています。また自分で用意したものも、アンビソニックスを含めどのようなチャンネルコンフィギュレーションでもインポートできます。

さらに詳しく

Wwise Motionがあれば、Wwiseオーサリングツールを利用して、サウンドだけでなくコントローラのインターフェースのハプティックフィードバックも制御できます。

さらに詳しく

Wwise Reflectは、ジオメトリ情報を取り込んでリスナーやエミッターと、反射面である壁、天井、床などとの距離関係に基づいて、アーリーリフレクションをダイナミックにレンダリングするプラグインです。Wwise Reflectで没入感や空間の存在感が強化され、限定されたオーディオアセットをダイナミックな環境に合わせて変化させることで、自然で奥深い効果が得られます。完全にカスタマイズできるので、Wwise Reflectでクリエイティブなサウンドデザイナーのニーズに応え、最新のインタラクティブメディアに求められるストーリー性や背景描写を表現することが可能です。

さらに詳しく

SoundSeedは、特化したサウンドジェネレータ製品のスイートです。インタラクティブオーディオで利用できるように開発されたこのプラグインで、CPUやメモリを節約しつつ、無限のバリエーションを生み出せます。SoundSeedで合成されたサウンドは単独、もしくはプリレコードされたサウンドの上にレイヤーとして重ねると、リッチなオーディオコンテンツを作成できます。

さらに詳しく

インテグレーション済み無料プラグイン

Audiokinetic認定パートナープラグイン

Audiokineticは業界をリードするオーディオデベロッパーとのパートナーシップを通じて、各種プラグイン製品を提供していきます。

Altiverb IRsはAudio Easeが提供する49種のゲーム用インパルス応答データで、Wwise Convolutionプラグインをさらに拡張します。ロンドンのウェンブリースタジアムからマルタ島の古い洞窟に至るまで、そしてパリやアムステルダム、ベルリンやニューヨークの実在する教会、コンサートホール、ロックスタジオなど世界有数の音響を誇るスペースで、Audio Easeがレコーディングを行いました。

さらに詳しく

Auro-3D®は、3次元オーディオの次世代スタンダードです。イマーシブで自然に聞こえる、最も優れたリアル3Dサウンドエクスペリエンスを提供します。Auro-3D® は真に迫るサウンドの「繭」にリスナーを完全に包み込み、実際にその場にいるかのような感覚をつくり出します。独自Heightレイヤを使い音の反射を生成して、サウンドをリスナーの周囲だけでなく上からも発生させることで、自然な効果をもたらします。

さらに詳しく

REVはCrankcase Audioが提供するプラグインで、抜群にリアルでパワフルなエンジン音を、最先端のグラニュラー技術と自動ループのハイブリッドシンセシス技術で実現します。

さらに詳しく

iZotope は、Wwise環境で直接使用できる好評のサウンドデザインプラグイン群を提供します。TrashツールとHybrid Reverbの製品スイートで、サウンドデザインのレベルがさらに向上します。

さらに詳しく

McDSPは、受賞歴のある同社のプラグインをWwiseに直接、提供します。これらのプラグインは映画、音楽界のオーディオプロフェッショナルにとって定番となっているものをインタラクティブ用途に提供します。

さらに詳しく

Audiokineticコミュニティパートナープラグイン

コミュニティプラグインは、コミュニティが開発して維持するプラグインのことです。自分でプラグインをつくりたいと考えている方は、Wwise SDKで詳しく知ることができます。また、新しいWwise Authoring APIを使えば、どのようなエンジン、ツール、アプリケーションにもWwiseを総合的にインテグレートできるので、見てみてください。

Polyspectral MBCは、ゲームのミキシングをリアルタイムに行うことを前提にした、マルチバンドコンプレッサープラグインです。効率的でソニック的に透明なので、様々な使い方が考えられるプラグインです。フルミックスをやさしく圧縮し、ふくらみがあり詳細に富んだサウンドを染み込ませることができます。非常に自然に聞こえるマスタリングバスリミッターとして使えば、予想不可能なゲームプレイのシナリオでもダイナミックス性を制御できます。あるいは、あなたのミックスのダイナミックスや周波数の内容を、様々なプラットフォームや出力シナリオに合わせて簡単に適合させることも可能です。プラグインのインターフェースが細かく、敏感に反応してくれるので、どのような目的も達成しやすくなります。

さらに詳しく

Resonance Audio Wwiseインテグレーションに含まれるスペーシャルオーディオのプラグインは、パフォーマンスやマルチプラットフォーム対応の面で最適化されています。基本的な3Dスペーシャリゼーションを超える高度な機能を提供し、複雑な音環境を正確にモデル化するための強力なツールがそろっています。

さらに詳しく

VisiSonics作成のRealSpace™ 3D Audioを使うと、音を3D仮想空間に自由に正確に配置でき、音源がリスナーに対してリアルな方向性、距離感、奥行き、そして動きを持っているかのように、標準のステレオヘッドフォンで聞くことができます。聴覚的に感じ取れる環境を再現して、音を通した完全な没入感が体感できます。VisiSonicsが独自開発した科学的なアルゴリズムとハードウェアで、リスナーは自分が実際にシーン内に存在しているように感じます。

さらに詳しく

Krotosが開発したDehumaniser Live for Wwiseを使えば、ゲームデベロッパが長年求めていたランタイム音声処理が実現します。リアルタイムのパラメータ制御を利用して、ゲーム状況に対応してトーンが変化する、適用型ボーカルエフェクトをデザイナーが設定できるのです。狼男の声を、人間からモンスターに変容させたり、ロボットが敵からアタックを受けて体力が衰えるにつれ、声の調子が狂うようにしたりできます。ランタイムのボイスエフェクトのおかげで、音声処理で効果を高めるセリフを、簡単にローカライズできます。プラグインチェーンをシェアして異なる言語同士の音声処理をそろえようとする努力も、これで不要になります!Dehumaniser LiveのMic Inputモジュールを使えば、ボイスチャットのプレイヤーの声を音声処理で変化させて、ゲームのオーディオシステム経由でほかのプレイヤーにブロードキャストできるので、真新しいマルチプレイヤーゲームへと進化します。

さらに詳しく

Steam Audioは、環境とリスナーのシミュレーションを統合できる多彩な機能のオーディオソリューションです。HRTFがVRの没入感を大幅に改善して、物理的な音の伝播がVR環境に反応し続ける音を繰り返し再現することで、音による没入感が完成します。

さらに詳しく

Oculus Spatializer Plugin (OSP) は、Audiokinetic Wwiseツールセットにアドオンで使えるプラグインで、モノフォニック音源とユーザーの頭部位置の相対的な関係を利用して、3D空間で音源をスペーシャル化します。

さらに詳しく