Wwise SDKに、ソースコード付きのサンプルがいくつか入っています。

  • サンプルエフェクトとソースプラグイン: Sine Generator、Tone Generator、Audio Input plug-in、Delay Effect。これらは単なるサンプル以上のもので、Wwise オーサリングアプリケーションとSDK の一部である実際に使用可能なプラグインです。
  • インテグレーションデモ: Wwiseインテグレーションデモは、Wwiseサウンドエンジンとその様々な機能やコンセプトをゲームエンジンにインテグレートする方法を理解するための、サンプルが入ったアプリケーションです。
  • サウンドエンジンのサンプルDLL:このサンプルは、サウンドエンジンをWindows ベースのゲームで使用するためにDLLにラップする方法を説明しています。
  • デフォルトのローレベルI/O とファイルパッケイジャー実装:Wwiseとともに提供されるデフォルトローレベル I/Oとファイルパッケイジャーの完全なソースコードを取得。これを、Streaming Managerのファイル処理の仕方および/または、より大きなバイナリファイルへのデータファイルのパッケージ方法をカスタマイズするために使用することができます。
  • SoundFrameサンプル: Car SimulatorとSFTestが、SoundFrame APIの事例を提供します。
  • ソースコントロールプラグイン:Perforce およびSubversion プラグインのソースで、独自のソースコントロールプラグインを作成する際にも参考にしていただけるサンプルプラグイン。

サンプルは、Wwise Launcherからインストールできます。

Wwise Launcherをダウンロードする Wwise Launcherを開く

プラットフォーム