バージョン

menu_open
Wwise SDK 2023.1.4
ak.wwise.core.object.set

Allows for batch processing of the following operations: Object creation in a child hierarchy, Object creation in a list, Setting name, notes, properties and references. オブジェクトの作成の詳細については、 オーディオファイルのインポートとストラクチャーの作成 を参照してください。また、Wwiseへのオーディオファイルのインポートについては、 ak.wwise.core.audio.import も参照してください。

Arguments

Name タイプ 概要
objects * array An array of objects on which to set values and create child or list objects.
objects [...] object The object specification, values to set, objects to create, and overriding options applicable to this object.
objects[...].object * any of: The ID (GUID), name, or path of the existing object on which to set the name, notes, properties or references and under which to create children or create objects in a list.
string The name of the object qualified by its type or Short ID in the form of type:name or Global:shortId. Only object types that have globally-unique names or Short Ids are supported. Ex: Event:Play_Sound_01, Global:245489792
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
string Wwiseオブジェクトへのプロジェクトパスで、カテゴリと、ワークユニットを含みます。例えば: \Actor-Mixer Hierarchy\Default Work Unit\New Sound SFX.
objects[...].platform any of: The ID (GUID) or unique name of the platform used when setting properties and references via this operation. プラットフォームの指定がなければ、リンクされた全てのプラットフォームに、この値を設定します。
string オブジェクト名。
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].onNameConflict string The action to take if "object" already has a child with the same name. デフォルト値は、"fail"です。詳細は、名前の衝突モードを理解します を参照してください。可能な値:
  • rename
  • replace
  • fail
  • merge
objects[...].listMode string The action to take if "object" already has objects in a specified list. Default value is "append". 詳細は、 Understanding lists and list modes を参照してください。可能な値:
  • replaceAll
  • append
objects[...].name string The new name of "object".
objects[...].notes string The new notes or comments of "object".
objects[...].children array 作成する子オブジェクトのアレイ。
objects[...].children [...] object Child objects to be created.
Child object to be created.
objects[...].children[...].platform any of: The ID (GUID) or unique name of the platform used when setting properties and references via this operation. プラットフォームの指定がなければ、リンクされた全てのプラットフォームに、この値を設定します。
string オブジェクト名。
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].type * string 新しいオブジェクトのタイプ。Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible object types or Wwise Nodes Reference for possible node types.
objects[...].children[...].name * string 新しいオブジェクトの名前。
objects[...].children[...].notes string 新しいオブジェクトの備考(notes)やコメント。
objects[...].children[...].classId integer The ID (class ID) of the plug-in. Only specify for Effect or Source plug-ins. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible ClassId values.
Unsigned Integer 32-bit. 範囲: [0,4294967295]
objects[...].children[...].language string ランゲージのID (GUID)または名前。Only use this argument when creating Sound Voice objects.
objects[...].children[...].children 作成する子オブジェクトのアレイ。(再帰的)
objects[...].children[...].import object Import command argument.
objects[...].children[...].import.autoAddToSourceControl boolean Determines if Wwise automatically performs an Add source control operation for affected work units. デフォルトはtrueです。
objects[...].children[...].import.files * array Array of import files.
objects[...].children[...].import.files [...] object Parameters of one audio file
objects[...].children[...].import.files[...].audioFile string インポートするメディアファイルへのパス。必ず、Wwiseからアクセスできるパスとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].import.files[...].audioFileBase64 string Originalsフォルダに対するターゲットファイル相対パスでインポートする、縦線で分けた、Base64でエンコードしたWAVオーディオファイルデータ。例 'MySound.wav|UklGRu...'.
objects[...].children[...].import.files[...].originalsSubFolder string インポートしたオーディオファイルを保存する'originals'サブフォルダを指定します。このフォルダは、ファイルを通常インポートする'originals'フォルダと相対関係にあるフォルダです。例: SFXをインポートするる場合は、オーディオファイルはフォルダ Originals\SFX\originalsPath にインポートされます。
objects[...].children[...].import.files[...].language string オーディオファイルインポート用のランゲージをインポートします(WPROJファイルのLanguageListにある、プロジェクトに定義されたランゲージから入手します)。
objects[...].children[...].import.files[...].objectType string オーディオファイルをインポートするときに作成するオブジェクトタイプを指定します。タイプを、objectPathで直接指定することもできます。使用可能なタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) any of:
Objects to create in list @listName. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible list names for each Wwise object.
null null値。参照するオブジェクトはありません。
string 文字列値。
array An array of object references.
Several values provided for the option.
number 数値。
boolean ブール値。
Object to create and assign to a reference. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible object types.
array Array of Ref Objects.
Several values provided for the option.
object The definition of an "in-place" Curve object.
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).type * string 新しいオブジェクトのタイプ。可能なオブジェクトタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points * array Used when creating a Curve.
An array of points defining a curve.
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points [...] object カーブ上の点。
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].children[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].import object Import command argument.
objects[...].import.autoAddToSourceControl boolean Determines if Wwise automatically performs an Add source control operation for affected work units. デフォルトはtrueです。
objects[...].import.files * array Array of import files.
objects[...].import.files [...] object Parameters of one audio file
objects[...].import.files[...].audioFile string インポートするメディアファイルへのパス。必ず、Wwiseからアクセスできるパスとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].import.files[...].audioFileBase64 string Originalsフォルダに対するターゲットファイル相対パスでインポートする、縦線で分けた、Base64でエンコードしたWAVオーディオファイルデータ。例 'MySound.wav|UklGRu...'.
objects[...].import.files[...].originalsSubFolder string インポートしたオーディオファイルを保存する'originals'サブフォルダを指定します。このフォルダは、ファイルを通常インポートする'originals'フォルダと相対関係にあるフォルダです。例: SFXをインポートするる場合は、オーディオファイルはフォルダ Originals\SFX\originalsPath にインポートされます。
objects[...].import.files[...].language string オーディオファイルインポート用のランゲージをインポートします(WPROJファイルのLanguageListにある、プロジェクトに定義されたランゲージから入手します)。
objects[...].import.files[...].objectType string オーディオファイルをインポートするときに作成するオブジェクトタイプを指定します。タイプを、objectPathで直接指定することもできます。使用可能なタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) any of:
array Objects to create in list @listName. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible list names for each Wwise object.
An array of child objects to be created.
null null値。参照するオブジェクトはありません。
string 文字列値。
array Several values provided for the option.
number 数値。
boolean ブール値。
object The definition of an "in-place" Curve object.
object Child object to be created.
array Array of Ref Objects.
Several values provided for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] object Child objects to be created.
Child object to be created.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].platform any of: The ID (GUID) or unique name of the platform used when setting properties and references via this operation. プラットフォームの指定がなければ、リンクされた全てのプラットフォームに、この値を設定します。
string オブジェクト名。
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].type * string 新しいオブジェクトのタイプ。Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible object types or Wwise Nodes Reference for possible node types.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].name * string 新しいオブジェクトの名前。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].notes string 新しいオブジェクトの備考(notes)やコメント。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].classId integer The ID (class ID) of the plug-in. Only specify for Effect or Source plug-ins. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible ClassId values.
Unsigned Integer 32-bit. 範囲: [0,4294967295]
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].language string ランゲージのID (GUID)または名前。Only use this argument when creating Sound Voice objects.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].children 作成する子オブジェクトのアレイ。(再帰的)
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import object Import command argument.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.autoAddToSourceControl boolean Determines if Wwise automatically performs an Add source control operation for affected work units. デフォルトはtrueです。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files * array Array of import files.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files [...] object Parameters of one audio file
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files[...].audioFile string インポートするメディアファイルへのパス。必ず、Wwiseからアクセスできるパスとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files[...].audioFileBase64 string Originalsフォルダに対するターゲットファイル相対パスでインポートする、縦線で分けた、Base64でエンコードしたWAVオーディオファイルデータ。例 'MySound.wav|UklGRu...'.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files[...].originalsSubFolder string インポートしたオーディオファイルを保存する'originals'サブフォルダを指定します。このフォルダは、ファイルを通常インポートする'originals'フォルダと相対関係にあるフォルダです。例: SFXをインポートするる場合は、オーディオファイルはフォルダ Originals\SFX\originalsPath にインポートされます。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files[...].language string オーディオファイルインポート用のランゲージをインポートします(WPROJファイルのLanguageListにある、プロジェクトに定義されたランゲージから入手します)。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].import.files[...].objectType string オーディオファイルをインポートするときに作成するオブジェクトタイプを指定します。タイプを、objectPathで直接指定することもできます。使用可能なタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) any of:
Objects to create in list @listName. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible list names for each Wwise object.
null null値。参照するオブジェクトはありません。
string 文字列値。
array An array of object references.
Several values provided for the option.
number 数値。
boolean ブール値。
Object to create and assign to a reference. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible object types.
array Array of Ref Objects.
Several values provided for the option.
object The definition of an "in-place" Curve object.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).type * string 新しいオブジェクトのタイプ。可能なオブジェクトタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points * array Used when creating a Curve.
An array of points defining a curve.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points [...] object カーブ上の点。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).type * string 新しいオブジェクトのタイプ。可能なオブジェクトタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points * array Used when creating a Curve.
An array of points defining a curve.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points [...] object カーブ上の点。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).platform any of: The ID (GUID) or unique name of the platform used when setting properties and references via this operation. プラットフォームの指定がなければ、リンクされた全てのプラットフォームに、この値を設定します。
string オブジェクト名。
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).type * string 新しいオブジェクトのタイプ。Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible object types or Wwise Nodes Reference for possible node types.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).name * string 新しいオブジェクトの名前。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).notes string 新しいオブジェクトの備考(notes)やコメント。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).classId integer The ID (class ID) of the plug-in. Only specify for Effect or Source plug-ins. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for possible ClassId values.
Unsigned Integer 32-bit. 範囲: [0,4294967295]
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).language string ランゲージのID (GUID)または名前。Only use this argument when creating Sound Voice objects.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).children array An array of child objects to be created (Recursive).
An array of child objects to be created.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).children [...] Child objects to be created.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import object Import command argument.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.autoAddToSourceControl boolean Determines if Wwise automatically performs an Add source control operation for affected work units. デフォルトはtrueです。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files * array Array of import files.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files [...] object Parameters of one audio file
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files[...].audioFile string インポートするメディアファイルへのパス。必ず、Wwiseからアクセスできるパスとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files[...].audioFileBase64 string Originalsフォルダに対するターゲットファイル相対パスでインポートする、縦線で分けた、Base64でエンコードしたWAVオーディオファイルデータ。例 'MySound.wav|UklGRu...'.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files[...].originalsSubFolder string インポートしたオーディオファイルを保存する'originals'サブフォルダを指定します。このフォルダは、ファイルを通常インポートする'originals'フォルダと相対関係にあるフォルダです。例: SFXをインポートするる場合は、オーディオファイルはフォルダ Originals\SFX\originalsPath にインポートされます。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files[...].language string オーディオファイルインポート用のランゲージをインポートします(WPROJファイルのLanguageListにある、プロジェクトに定義されたランゲージから入手します)。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).import.files[...].objectType string オーディオファイルをインポートするときに作成するオブジェクトタイプを指定します。タイプを、objectPathで直接指定することもできます。使用可能なタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) any of:
array Objects to create in list @listName. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible list names for each Wwise object.
An array of child objects to be created.
null null値。参照するオブジェクトはありません。
string 文字列値。
array An array of object references.
Several values provided for the option.
number 数値。
boolean ブール値。
Object to create and assign to a reference. Refer to Wwiseオブジェクトリファレンス for the possible object types.
array Array of Ref Objects.
Several values provided for the option.
object The definition of an "in-place" Curve object.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] Child objects to be created.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).type * string 新しいオブジェクトのタイプ。可能なオブジェクトタイプについては、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points * array Used when creating a Curve.
An array of points defining a curve.
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points [...] object カーブ上の点。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$).points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].regex(^@[:_a-zA-Z0-9]+$) [...] string A value for the option.
platform any of: Unless overriden by an individual "object", the ID (GUID) or unique name of the platform used when setting properties and references via this operation. プラットフォームの指定がなければ、リンクされた全てのプラットフォームに、この値を設定します。
string オブジェクト名。
string オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
onNameConflict string Unless overriden by an individual "object", the action to take if "object" already has a child with the same name. デフォルト値は、"fail"です。詳細は、名前の衝突モードを理解します を参照してください。可能な値:
  • rename
  • replace
  • fail
  • merge
listMode string Unless overriden by an individual "object", the action to take if "object" already has objects in a specified list. Default value is "append". 詳細は、 Understanding lists and list modes を参照してください。可能な値:
  • replaceAll
  • append
autoAddToSourceControl boolean Determines if Wwise automatically performs an Add source control operation for affected work units. デフォルトはtrueです。

(必須*)

引数スキーマ

Options

Name タイプ 概要
return array オブジェクトごとに、何が返されるのかを指定します。使用可能なプロパティやリファレンスの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
return式のアレイで、Wwiseオブジェクトのどのエレメントを返すのかを定義します。例えば、名前やIDなどの内蔵アクセサや、VolumeやPitchなどのオブジェクトプロパティが含まれます。
return [...] any of: return式。
string Wwiseオブジェクト用の内蔵アクセサを、1つまたは複数、指定します。可能な値:
  • id
  • name
  • notes
  • type
  • pluginName
  • shortId
  • classId
  • category
  • filePath
  • workunit
  • parent
  • owner
  • path
  • isPlayable
  • childrenCount
  • totalSize
  • mediaSize
  • objectSize
  • structureSize
  • sound:convertedWemFilePath
  • sound:originalWavFilePath
  • soundbank:bnkFilePath
  • music:transitionRoot
  • music:playlistRoot
  • audioSource:playbackDuration
  • audioSource:maxDurationSource
  • audioSource:trimValues
  • audioSource:maxRadiusAttenuation
  • audioSource:language
  • workunit:isDefault
  • workunit:type
  • workunit:isDirty
  • switchContainerChild:context
  • convertedWemFilePath
  • originalFilePath
  • originalRelativeFilePath
  • convertedFilePath
  • originalWavFilePath
  • soundbankBnkFilePath
  • musicTransitionRoot
  • musicPlaylistRoot
  • playbackDuration
  • duration
  • maxDurationSource
  • audioSourceTrimValues
  • maxRadiusAttenuation
  • audioSourceLanguage
  • workunitIsDefault
  • workunitType
  • workunitIsDirty
  • switchContainerChildContext
  • isExplicitMute
  • isExplicitSolo
  • isImplicitMute
  • isImplicitSolo
  • isIncluded
  • points
  • stateProperties
  • stateGroups
string クエリを構成し、値またはオブジェクトリファレンスを出す、ドット区切りのアクセサを、1つまたは複数、指定します。1つの@マークを指定すると、関連するオブジェクトのプロパティ値を返します。2つの@マークを指定すると、オーバーライドのソースのプロパティ値を返します。 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
platform any of: プラットフォームのID (GUID)または名前。これは任意の引数です。指定がなければ、現在のプラットフォームを使います。
string プラットフォームの名前。
string プラットフォームのID。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
language any of: ランゲージのID (GUID)または名前。
string ランゲージの名前。
string ランゲージのID。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。

オプションスキーマ

Result

Name タイプ 概要
objects array Array of {object, created objects} associations for each parent object.
objects [...] object Objects created as children of, or in lists of, "object".
objects[...].id string The ID (GUID) of the parent.
An object GUID of the form: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}.
objects[...].name string The name of the parent.
objects[...].children array The child objects created.
objects[...].children [...] object A created object.
A Wwise object. 必須のプロパティを指定するには、returnオプションを使います。
objects[...].children[...].id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].notes string オブジェクトのnotes。
objects[...].children[...].type string オブジェクトのタイプ。使用可能なタイプの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].children[...].pluginName string Source、Effect、Mixer、Device、Metadataプラグインの、プラグイン名。
objects[...].children[...].path string プロジェクトルートからオブジェクトへのパス。例: '\Actor-Mixer Hierarchy\Default Work Unit\Sound1'
objects[...].children[...].parent object 階層におけるオブジェクトの親。
objects[...].children[...].parent.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].parent.name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].owner object オブジェクトのオーナー。カスタムエフェクトやカスタム減衰など、ほかのオブジェクトにローカルで所有されているオブジェクトが、該当します。
objects[...].children[...].owner.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].owner.name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].isPlayable boolean オブジェクトをTransportで再生できる場合は、trueです。
objects[...].children[...].shortId integer オブジェクトのShort ID。
objects[...].children[...].classId integer オブジェクトのクラスID。
符号なし整数32-bit。範囲: [0,4294967295]
objects[...].children[...].category string オブジェクトのカテゴリ。例: 'Actor-Mixer Hierarchy'
objects[...].children[...].filePath string オブジェクトを含むファイルへのパス。パスは、Work Unitファイルまたはプロジェクトファイルとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].workunit object オブジェクトを含む、親Work Unit。'id'と'name'を返します。
objects[...].children[...].workunit.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].workunit.name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].childrenCount number このオブジェクトの子の数。注:これは非推奨です。The same result can be obtained with children.count().
objects[...].children[...].totalSize integer このオブジェクトと、その全ての子が、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。objectSizeは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].children[...].mediaSize integer このオブジェクトとその全ての子のメディアファイルの、変換後の合計サイズ(単位bytes)。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].children[...].objectSize integer このオブジェクトのメタデータがSoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].children[...].structureSize integer このオブジェクトとその全ての子のメタデータが、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].children[...].musicTransitionRoot object (DEPRECATED) The music transition root containing all other music transitions recursively. 注:これは非推奨です。The TransitionRoot reference should be used instead.
objects[...].children[...].musicTransitionRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].musicPlaylistRoot object (DEPRECATED) The music playlist root containing all other music playlist items recursively. これが適用されるのは、Music Playlist Containerだけです。注:これは非推奨です。The PlaylistRoot reference should be used instead.
objects[...].children[...].musicPlaylistRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].originalWavFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the original wav file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].originalFilePath string Absolute path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].originalRelativeFilePath string Relative (from project's Originals Folder) path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].activeSource object The active source of the sound object.
objects[...].children[...].activeSource.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].activeSource.name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].convertedWemFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the converted wem file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].convertedFilePath string Absolute path to the converted file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].soundbankBnkFilePath string SoundBankオブジェクトに関連する、生成後のSoundBankファイルへの絶対パス。これは、SoundBankオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].children[...].playbackDuration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。注:これは非推奨です。The duration should be used instead. これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].children[...].playbackDuration.playbackDurationMin number 再生にかかる最短時間。
objects[...].children[...].playbackDuration.playbackDurationMax number 再生にかかる最長時間。
objects[...].children[...].playbackDuration.playbackDurationType string durationタイプ。
objects[...].children[...].duration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].children[...].duration.min number 再生にかかる最短時間。
objects[...].children[...].duration.max number 再生にかかる最長時間。
objects[...].children[...].duration.type string durationタイプ。
objects[...].children[...].maxDurationSource object 最長のdurationのオーディオソース。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].children[...].maxDurationSource.id string 最長の長さのオーディオソースオブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].maxDurationSource.trimmedDuration number トリムした最長のソースの、durationを秒単位で示します。
objects[...].children[...].audioSourceTrimValues object オーディオソースをトリムした時間の範囲。
objects[...].children[...].audioSourceTrimValues.trimBegin number トリム開始の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].children[...].audioSourceTrimValues.trimEnd number トリム終了の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].children[...].maxRadiusAttenuation object 半径が最大の減衰。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].children[...].maxRadiusAttenuation.id string 半径が最大の減衰オブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].maxRadiusAttenuation.radius number 減衰オブジェクトの半径。
objects[...].children[...].audioSourceLanguage object オーディオソースに関連付けられたランゲージ。これは、Audio Sourceオブジェクトに、直接適用されるだけです。
objects[...].children[...].audioSourceLanguage.id string Audio Sourceオブジェクトに関連するLanguageオブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].audioSourceLanguage.name string Audio Sourcオブジェクトか関連付けられているLanguageオブジェクトの名前。
objects[...].children[...].workunitIsDefault boolean ワークユニットがデフォルトであれば、true。
objects[...].children[...].workunitType string Work Unitのタイプ。なお、Work Unitsと同様に、物理フォルダにも"WorkUnit"というタイプがあります。物理フォルダには、workunitType "folder"があります。可能な値:
  • folder
  • rootFile
  • nestedFile
objects[...].children[...].workunitIsDirty boolean Work UnitまたはProject(wprojファイル)がダーティである場合、つまり変更したあとに保存していない場合は、true。
objects[...].children[...].switchContainerChildContext object Switch Containerの子に関連付けられた、コンテキストオブジェクト。子に関連する、Switch Containerのコンテキストに依存するプロパティを、このオブジェクトが保持します(例えば、'1st only'チェックボックスのプロパティなど)。
objects[...].children[...].switchContainerChildContext.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].isExplicitMute boolean Whether or not the object has been muted explicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].children[...].isExplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed explicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].children[...].isImplicitMute boolean Whether or not the object has been muted implicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].children[...].isImplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed implicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].children[...].isIncluded boolean Whether or not the object is Included. 選択肢からプラットフォームを指定。This takes into consideration the Inclusion status of the object's ancestors.
objects[...].children[...].points array This only applies to Curve objects.
An array of points defining a curve.
objects[...].children[...].points [...] object カーブ上の点。
objects[...].children[...].points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].children[...].points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].children[...].points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].children[...].stateProperties array An array of state properties to set.
objects[...].children[...].stateProperties [...] string The name of the property to set.
objects[...].children[...].stateGroups array The State Group objects associated with this object.
objects[...].children[...].stateGroups [...] object A State Group object.
objects[...].children[...].stateGroups[...].id string The ID (GUID) of the State Group object.
An object GUID of the form: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}.
objects[...].children[...].stateGroups[...].name string The name of the State Group object.
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) any of: クエリを構成し、プロパティ値またはオブジェクトリファレンスを出す、ドット区切りのアクセサを指定します。1つの@マークは、関連するオブジェクトのプロパティ値を示します。2つの@マークは、ソースがオーバーライドするプロパティ値を示します。使用可能なすべてのタイプの、プロパティやリファレンスの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
string 文字列値。
array An array of string values.
number 数値。
array An array of numeric values.
boolean ブール値。
array An array of boolean values.
object オブジェクトのリファレンス値。
array オブジェクトリストのリファレンス値。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] string 文字列値。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] number 数値。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] boolean ブール値。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).name string オブジェクト名。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] object オブジェクトのリファレンス値。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].children[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$) one of: The objects created and inserted in the specified list.
array The objects to be created.
object A Wwise object. 必須のプロパティを指定するには、returnオプションを使います。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$) [...] object A created object.
A Wwise object. 必須のプロパティを指定するには、returnオプションを使います。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].notes string オブジェクトのnotes。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].type string オブジェクトのタイプ。使用可能なタイプの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].pluginName string Source、Effect、Mixer、Device、Metadataプラグインの、プラグイン名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].path string プロジェクトルートからオブジェクトへのパス。例: '\Actor-Mixer Hierarchy\Default Work Unit\Sound1'
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].parent object 階層におけるオブジェクトの親。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].parent.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].parent.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].owner object オブジェクトのオーナー。カスタムエフェクトやカスタム減衰など、ほかのオブジェクトにローカルで所有されているオブジェクトが、該当します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].owner.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].owner.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isPlayable boolean オブジェクトをTransportで再生できる場合は、trueです。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].shortId integer オブジェクトのShort ID。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].classId integer オブジェクトのクラスID。
符号なし整数32-bit。範囲: [0,4294967295]
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].category string オブジェクトのカテゴリ。例: 'Actor-Mixer Hierarchy'
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].filePath string オブジェクトを含むファイルへのパス。パスは、Work Unitファイルまたはプロジェクトファイルとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunit object オブジェクトを含む、親Work Unit。'id'と'name'を返します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunit.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunit.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].childrenCount number このオブジェクトの子の数。注:これは非推奨です。The same result can be obtained with children.count().
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].totalSize integer このオブジェクトと、その全ての子が、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。objectSizeは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].mediaSize integer このオブジェクトとその全ての子のメディアファイルの、変換後の合計サイズ(単位bytes)。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].objectSize integer このオブジェクトのメタデータがSoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].structureSize integer このオブジェクトとその全ての子のメタデータが、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].musicTransitionRoot object (DEPRECATED) The music transition root containing all other music transitions recursively. 注:これは非推奨です。The TransitionRoot reference should be used instead.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].musicTransitionRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].musicPlaylistRoot object (DEPRECATED) The music playlist root containing all other music playlist items recursively. これが適用されるのは、Music Playlist Containerだけです。注:これは非推奨です。The PlaylistRoot reference should be used instead.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].musicPlaylistRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].originalWavFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the original wav file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].originalFilePath string Absolute path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].originalRelativeFilePath string Relative (from project's Originals Folder) path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].activeSource object The active source of the sound object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].activeSource.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].activeSource.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].convertedWemFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the converted wem file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].convertedFilePath string Absolute path to the converted file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].soundbankBnkFilePath string SoundBankオブジェクトに関連する、生成後のSoundBankファイルへの絶対パス。これは、SoundBankオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].playbackDuration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。注:これは非推奨です。The duration should be used instead. これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].playbackDuration.playbackDurationMin number 再生にかかる最短時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].playbackDuration.playbackDurationMax number 再生にかかる最長時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].playbackDuration.playbackDurationType string durationタイプ。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].duration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].duration.min number 再生にかかる最短時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].duration.max number 再生にかかる最長時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].duration.type string durationタイプ。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxDurationSource object 最長のdurationのオーディオソース。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxDurationSource.id string 最長の長さのオーディオソースオブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxDurationSource.trimmedDuration number トリムした最長のソースの、durationを秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceTrimValues object オーディオソースをトリムした時間の範囲。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceTrimValues.trimBegin number トリム開始の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceTrimValues.trimEnd number トリム終了の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxRadiusAttenuation object 半径が最大の減衰。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxRadiusAttenuation.id string 半径が最大の減衰オブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].maxRadiusAttenuation.radius number 減衰オブジェクトの半径。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceLanguage object オーディオソースに関連付けられたランゲージ。これは、Audio Sourceオブジェクトに、直接適用されるだけです。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceLanguage.id string Audio Sourceオブジェクトに関連するLanguageオブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].audioSourceLanguage.name string Audio Sourcオブジェクトか関連付けられているLanguageオブジェクトの名前。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunitIsDefault boolean ワークユニットがデフォルトであれば、true。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunitType string Work Unitのタイプ。なお、Work Unitsと同様に、物理フォルダにも"WorkUnit"というタイプがあります。物理フォルダには、workunitType "folder"があります。可能な値:
  • folder
  • rootFile
  • nestedFile
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].workunitIsDirty boolean Work UnitまたはProject(wprojファイル)がダーティである場合、つまり変更したあとに保存していない場合は、true。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].switchContainerChildContext object Switch Containerの子に関連付けられた、コンテキストオブジェクト。子に関連する、Switch Containerのコンテキストに依存するプロパティを、このオブジェクトが保持します(例えば、'1st only'チェックボックスのプロパティなど)。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].switchContainerChildContext.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isExplicitMute boolean Whether or not the object has been muted explicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isExplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed explicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isImplicitMute boolean Whether or not the object has been muted implicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isImplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed implicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].isIncluded boolean Whether or not the object is Included. 選択肢からプラットフォームを指定。This takes into consideration the Inclusion status of the object's ancestors.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].points array This only applies to Curve objects.
An array of points defining a curve.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].points [...] object カーブ上の点。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateProperties array An array of state properties to set.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateProperties [...] string The name of the property to set.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateGroups array The State Group objects associated with this object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateGroups [...] object A State Group object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateGroups[...].id string The ID (GUID) of the State Group object.
An object GUID of the form: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].stateGroups[...].name string The name of the State Group object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) any of: クエリを構成し、プロパティ値またはオブジェクトリファレンスを出す、ドット区切りのアクセサを指定します。1つの@マークは、関連するオブジェクトのプロパティ値を示します。2つの@マークは、ソースがオーバーライドするプロパティ値を示します。使用可能なすべてのタイプの、プロパティやリファレンスの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
string 文字列値。
array An array of string values.
number 数値。
array An array of numeric values.
boolean ブール値。
array An array of boolean values.
object オブジェクトのリファレンス値。
array オブジェクトリストのリファレンス値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] string 文字列値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] number 数値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] boolean ブール値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] object オブジェクトのリファレンス値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$)[...].regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).notes string オブジェクトのnotes。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).type string オブジェクトのタイプ。使用可能なタイプの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).pluginName string Source、Effect、Mixer、Device、Metadataプラグインの、プラグイン名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).path string プロジェクトルートからオブジェクトへのパス。例: '\Actor-Mixer Hierarchy\Default Work Unit\Sound1'
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).parent object 階層におけるオブジェクトの親。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).parent.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).parent.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).owner object オブジェクトのオーナー。カスタムエフェクトやカスタム減衰など、ほかのオブジェクトにローカルで所有されているオブジェクトが、該当します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).owner.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).owner.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isPlayable boolean オブジェクトをTransportで再生できる場合は、trueです。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).shortId integer オブジェクトのShort ID。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).classId integer オブジェクトのクラスID。
符号なし整数32-bit。範囲: [0,4294967295]
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).category string オブジェクトのカテゴリ。例: 'Actor-Mixer Hierarchy'
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).filePath string オブジェクトを含むファイルへのパス。パスは、Work Unitファイルまたはプロジェクトファイルとします。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunit object オブジェクトを含む、親Work Unit。'id'と'name'を返します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunit.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunit.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).childrenCount number このオブジェクトの子の数。注:これは非推奨です。The same result can be obtained with children.count().
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).totalSize integer このオブジェクトと、その全ての子が、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。objectSizeは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).mediaSize integer このオブジェクトとその全ての子のメディアファイルの、変換後の合計サイズ(単位bytes)。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).objectSize integer このオブジェクトのメタデータがSoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).structureSize integer このオブジェクトとその全ての子のメタデータが、SoundBankに占めるスペース(単位byte)。メディアファイルは含まれません。なお、正確な値を得るには、SoundBankを生成する必要があります。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).musicTransitionRoot object (DEPRECATED) The music transition root containing all other music transitions recursively. 注:これは非推奨です。The TransitionRoot reference should be used instead.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).musicTransitionRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).musicPlaylistRoot object (DEPRECATED) The music playlist root containing all other music playlist items recursively. これが適用されるのは、Music Playlist Containerだけです。注:これは非推奨です。The PlaylistRoot reference should be used instead.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).musicPlaylistRoot.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).originalWavFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the original wav file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).originalFilePath string Absolute path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).originalRelativeFilePath string Relative (from project's Originals Folder) path to the original file. これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).activeSource object The active source of the sound object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).activeSource.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).activeSource.name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).convertedWemFilePath string (DEPRECATED) Absolute path to the converted wem file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).convertedFilePath string Absolute path to the converted file. 選択肢からプラットフォームを指定。これは、SoundオブジェクトとAudio Sourceオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).soundbankBnkFilePath string SoundBankオブジェクトに関連する、生成後のSoundBankファイルへの絶対パス。これは、SoundBankオブジェクトだけで有効です。WAAPIをMacで使う場合は、 MacでWAAPIを使う を参照してください。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).playbackDuration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。注:これは非推奨です。The duration should be used instead. これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).playbackDuration.playbackDurationMin number 再生にかかる最短時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).playbackDuration.playbackDurationMax number 再生にかかる最長時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).playbackDuration.playbackDurationType string durationタイプ。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).duration object 最小と最大のdurationと、durationタイプを含む、durationルート。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).duration.min number 再生にかかる最短時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).duration.max number 再生にかかる最長時間。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).duration.type string durationタイプ。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxDurationSource object 最長のdurationのオーディオソース。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxDurationSource.id string 最長の長さのオーディオソースオブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxDurationSource.trimmedDuration number トリムした最長のソースの、durationを秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceTrimValues object オーディオソースをトリムした時間の範囲。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceTrimValues.trimBegin number トリム開始の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceTrimValues.trimEnd number トリム終了の時間値を、秒単位で示します。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxRadiusAttenuation object 半径が最大の減衰。これは、Audio Sourceオブジェクトをソースとして直接含むことができるオブジェクト、または子孫を通して間接的に含むことができるオブジェクト全てに、適用されます。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxRadiusAttenuation.id string 半径が最大の減衰オブジェクトの、ID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).maxRadiusAttenuation.radius number 減衰オブジェクトの半径。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceLanguage object オーディオソースに関連付けられたランゲージ。これは、Audio Sourceオブジェクトに、直接適用されるだけです。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceLanguage.id string Audio Sourceオブジェクトに関連するLanguageオブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).audioSourceLanguage.name string Audio Sourcオブジェクトか関連付けられているLanguageオブジェクトの名前。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunitIsDefault boolean ワークユニットがデフォルトであれば、true。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunitType string Work Unitのタイプ。なお、Work Unitsと同様に、物理フォルダにも"WorkUnit"というタイプがあります。物理フォルダには、workunitType "folder"があります。可能な値:
  • folder
  • rootFile
  • nestedFile
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).workunitIsDirty boolean Work UnitまたはProject(wprojファイル)がダーティである場合、つまり変更したあとに保存していない場合は、true。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).switchContainerChildContext object Switch Containerの子に関連付けられた、コンテキストオブジェクト。子に関連する、Switch Containerのコンテキストに依存するプロパティを、このオブジェクトが保持します(例えば、'1st only'チェックボックスのプロパティなど)。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).switchContainerChildContext.id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isExplicitMute boolean Whether or not the object has been muted explicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isExplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed explicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isImplicitMute boolean Whether or not the object has been muted implicitly. Explicitly muting an object implicitly mutes the descendant objects.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isImplicitSolo boolean Whether or not the object has been soloed implicitly. Soloing an object silences all the other objects in the project except this one.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).isIncluded boolean Whether or not the object is Included. 選択肢からプラットフォームを指定。This takes into consideration the Inclusion status of the object's ancestors.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).points array This only applies to Curve objects.
An array of points defining a curve.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).points [...] object カーブ上の点。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).points[...].x * number カーブの点の、X座標。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).points[...].y * number カーブの点の、Y座標。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).points[...].shape * string この点から、次の点までの、カーブセグメントの形状。可能な値:
  • Constant
  • Linear
  • Log3
  • Log2
  • Log1
  • InvertedSCurve
  • SCurve
  • Exp1
  • Exp2
  • Exp3
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateProperties array An array of state properties to set.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateProperties [...] string The name of the property to set.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateGroups array The State Group objects associated with this object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateGroups [...] object A State Group object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateGroups[...].id string The ID (GUID) of the State Group object.
An object GUID of the form: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).stateGroups[...].name string The name of the State Group object.
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) any of: クエリを構成し、プロパティ値またはオブジェクトリファレンスを出す、ドット区切りのアクセサを指定します。1つの@マークは、関連するオブジェクトのプロパティ値を示します。2つの@マークは、ソースがオーバーライドするプロパティ値を示します。使用可能なすべてのタイプの、プロパティやリファレンスの詳細については、 Wwiseオブジェクトリファレンス を参照してください。
string 文字列値。
array An array of string values.
number 数値。
array An array of numeric values.
boolean ブール値。
array An array of boolean values.
object オブジェクトのリファレンス値。
array オブジェクトリストのリファレンス値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] string 文字列値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] number 数値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] boolean ブール値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$).name string オブジェクト名。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$) [...] object オブジェクトのリファレンス値。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].id string オブジェクトのID(GUID)。
オブジェクトGUIDで、その形式は: {aabbcc00-1122-3344-5566-77889900aabb}。
objects[...].regex(^@[_:a-zA-Z0-9]+$).regex(^((@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+)|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))(\.@?@?[a-zA-Z0-9:_\(\),]+|[a-zA-Z\(\),]+\(.+\))*$)[...].name string オブジェクト名。

結果スキーマ

関連情報

Wwise Authoring APIの詳細は、 Wwise Authoring API (WAAPI)を使用する を参照してください。


このページはお役に立ちましたか?

サポートは必要ですか?

ご質問や問題、ご不明点はございますか?お気軽にお問い合わせください。

サポートページをご確認ください

あなたのプロジェクトについて教えてください。ご不明な点はありませんか。

プロジェクトを登録していただくことで、ご利用開始のサポートをいたします。

Wwiseからはじめよう