目次

オートダッキングvs.サイドチェイン

ミックスのステートでプロパティの変化を定義しますが、他のオーディオバスから送信された信号に基づいて、ボリュームを自動的に下げることもできます。これが、よくダッキングと呼ばれる処理です。

[注記] Designer Note

ダッキングとは、あるバスを通る全てのオブジェクトのボリュームを自動的に下げ、他のバスを目立たせる手段です。