レッスン 1

目次

Random Continuous

現時点は4つのミュージックセグメントの再生順序が変わらないので、プレイヤーがExploreモードに長くいた場合に飽きてしまいます。多少のバラエティを出すために、ミュージックセグメント順序をランダム化します。グループ内のオブジェクトの再生方法を変えるには、いくつかの再生モードがあります。

  1. グループの再生モードのメニューで、プロパティをRandom Continuousに変えてからExploreのミュージックコンテナを再生して、作業の成果を聞いてみます。

    再生カーソルがランダムにミュージックセグメント間を移るのが分かります。これでバラエティが大幅に増え、もしかしたらコンポーザー自身が思いつかなかったようなアレンジメントも聞けるかもしれません。ただしこれでは、プレイリストの頭に入れたExplore-Themeが最初に再生されないこともあると考えられます。今はそのままでいいので、あとから対応を考えますが、再生される可能性を高くする方法がいくつかあります。

    状況によって、Explore-Themeなど特定のミュージックセグメントを聞きたいと感じ、Explore-Rhythmなどは、何回も聞きたくないと思うかもしれません。Explore-Rhythm自体に問題があるわけではなく、コード構成が異なり、メインの楽器が頻繁に聞くためのものでないからです。どちらかというと、他のセクションからたまに休憩するためのものです。目的を達成するにはウェイト付け機能を使い、例えばActor-Mixer Hierarchyにあるランダムコンテナなどで使われています。デフォルトで全てのセグメントに同じウェイトが付いているので、トランジションの度に再生される確率は、全てのセグメントで同じです。

  2. Explore-ThemeのWeightを75まで挙げ、Explore-RhythmのWeightを25まで下げます。

    これで、Explore-Themeミュージックセグメントを聞く回数が増え、Explore-Rhythmセグメントを聞く回数が減ります。

    さらにAvoid Repeatプロパティの設定で、Weight設定に関わらず、間をあけずに同じミュージックセグメントが再生されるのを防げます。デフォルトで1に設定されているので、最後に再生されたセグメントが、すぐにもう一度再生されることはありません。音楽ではコーラスなどのセクションが連続で再生されるのは、必ずしも悪くありません。これが起きてもいいようにするには、Avoid Repeatの設定値を0にする必要があります。

  3. グループのAvoid Repeatプロパティを 0 にしてから、Exploreミュージックプレイリストコンテナを再生して、様子を観察します。